INTRODUCTION

10年に一人の逸材と言われ、宝塚歌劇100周年を飾った元宝塚歌劇団 星組トップスター 柚希礼音。バレエダンスからアクションまで幅広く魅せるダンスの実力と、男性に勝るとも劣らない迫力、さらに宝塚歌劇で培われた美とカッコよさを持ち合わせた類い稀なるスターとして活躍。宝塚歌劇団退団後1作目は、2015年秋・トニー賞受賞歴豊富な米国のキャストと一緒に出演した、ハロルド・プリンスの最新作ミュージカル『プリンス・オブ・ブロードウェイ』。2作目は『REON JACK』。彼女の魅力を最も良く知る宝塚歌劇団 新進気鋭の若手演出家、稲葉太地氏を演出に迎え、新しいファン層にも、往年のタカラヅカファンにも楽しめる柚希礼音ソロコンサートは連日大盛況で幕を閉じました。

そして、いよいよ柚希礼音が主演ミュージカルに出演に選んだのが「バイオハザード」。宝塚歌劇団で培った、アクションとパワーを武器にしつつ、退団後初となる俳優として、新境地での歌と芝居を披露いたします。

原作は日本が世界に誇るサバイバルホラーゲーム「バイオハザード」。1996年にゲームソフトとして発売され、これまでのシリーズ累計出荷は6,800万本という驚異の大ヒット作。日本のみならず、アメリカ、ヨーロッパをはじめ、世界各国で絶大な支持を得、2002年にはハリウッドで映画化。空前の話題作はシリーズ化され、本年12月には全米に先駆け、シリーズ6作目・最終章となる新作が日本公開。「バイオハザード」20周年という記念すべき本年にふさわしい、映画、そして、舞台とニュースが尽きない一年となっています。

この“人類を滅亡へと向かわせるウィルスとの壮絶な戦い”というゲーム原作のモチーフを、オリジナルミュージカルとして大胆に創りあげるのは、演出・脚本のG2。三代目 中村 橋之助と共に作りあげた『東雲烏恋真似琴』(2011年)で大谷竹次郎奨励賞を受賞しているほか、近年では『マイ・フェア・レディ』『嵐が丘』など、ミュージカル、芝居、翻訳ものから文芸作品と多岐にわたり活動しているマルチな演出家です。

そんなG2が描く『バイオハザード』とは。実は、G2は、ゾンビが苦手。どうやってこの題材をミュージカルに仕上げるかを考え、「音楽」が表現する“愛”と“希望”に、改めて着目。人類が戦うべき相手は、『奴ら』そのものでなく、生命を『奴ら』に変貌させるウィルス。それに打ち勝つべく医療の志があるものは抗体を作ることに奔走し、また、力あるものは、人類滅亡という最悪状況の中、国家機関が示す究極のシナリオを阻止すべく自らの命を懸ける。人類が滅亡の一途を辿る中、それでも生き抜く登場人物たちの、純粋で、力強い姿と、地球全体の生命の神秘を描きます。

『バイオハザード』、G2、そして柚希礼音という最強の組み合わせで送るオリジナルミュージカル。『バイオハザード』の誕生から20周年を迎える今年、ここ日本から、新たなるムーブメントを巻き起こします。本公演に、ぜひご期待ください。


脚本・演出:G2

「後に何も残らない」ミュージカル・アクション・ホラーにはしたくありません。「ゾンビによる命の危機」というテーマは、サスペンスとしては強力な設定ですが、「危機を回避したり、武器で相手をやっつけたりするばかりの物語」では、愛と希望を描き出すことは困難です。 これはミュージカル。 「怒り」や「不安」「恐怖」を歌にすることもできますが、なんといっても歌の持つ最大の力は、「愛」と「希望」を表現したときに発揮されます。 本ミュージカルは、ゾンビやウィルスなどの脅威との戦いを通して、人間がもつ「愛」と「希望」を歌い上げる作品を目指します。

主演:柚希礼音

退団後、初の主演ミュージカル作品として、『ミュージカル バイオハザード』に出演致します。この作品を演じるにあたり、オリジナリティのある役どころ、強くてカッコいい女性、ハードなアクションとスピーディーな展開を大切にしながら、これまでにない新しい柚希礼音、常に新しい挑戦をし続ける姿をお届け出来るよう取り組みます。そして、この作品を見終わった後に、お客様がそのハードな作品面だけではなく、大きな愛と勇気を感じて頂けるような作品にしたいと思います。どうぞご期待下さい。

ページの先頭へ