Introduction

『エリザベート』、『モーツァルト!』を手掛けたミヒャエル・クンツェ、シルヴェスター・リーヴァイ、小池修一郎のゴールデントリオがエリザベス1世の波乱の人生を描く、ワールドプレミアのミュージカル!!

約45年もの長きにわたって英国女王として繁栄をもたらしたエリザベス1世。
偉大な父王ヘンリー8世の娘として生れながらも、女王即位への道のりは決して順風満帆なものではありませんでした。
そんな若き日の“レディ・ベス”の異母姉メアリー・チューダーとの相克、処刑された母アン・ブーリンへの想い、そして唯一の安らぎであるロビンとの恋を壮大な音楽とストーリーで梅田芸術劇場の舞台に描き出します。

ミヒャエル・クンツェとシルヴェスター・リーヴァイの二人が手掛ける世界初演の作品を「エリザベート」「モーツァルト!」でタッグを組んだ日本ミュージカル界のヒットメーカー小池修一郎が演出いたします。

2014年最高の話題作が大阪に登場!!

コメント映像/ミヒャエル・クンツェ

写真

来年、東宝が私たちの新作『レディ・ベス』の世界初演を行う運びとなり、とても誇らしく思っています。

この新作ミュージカルは、イングランドの女王エリザベス1世の若き日の物語です。
その日々は、恐怖と危険に満ちていました。命を落とさず大人になることすら難しい時代に、ましてや女王になることなどは奇跡と言えます。
けれども彼女の人生における最大の奇跡は、愛でした。ベスは20歳の時に、若い音楽家に心を奪われます。叶わぬ恋でしたが、その想いはとても深く、純真で、決して変わることはありませんでした。
そのためエリザベスは、生涯独身を貫くことになります。
彼女の心は、まだ「レディ・ベス」と呼ばれていた頃に出会った彼のものだったのです。
この物語の燃えるような情熱と非凡な登場人物に触発されて、心に響く、感情豊かな音楽を創作することが出来ました。
今まで私たちを大いに勇気づけてくださった日本の観客の皆様が、絢爛豪華な最上級の舞台作品としてお届けする今回の初演を、 どこよりも早くご覧いただけることを、私たちは嬉しく思います。

ミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイ

ページの先頭へ