Introduction

世界が絶賛!!2013年新演出で生まれ変わる『レ・ミゼラブル』!!

1985年ロンドン初演以来、全世界で興行収入記録を更新し続ける"ミュージカルの金字塔"『レ・ミゼラブル』―。新演出版として日本に初上陸する今回は、2013年4~7月の東京・帝国劇場を皮切りに、8月・福岡、9月・大阪、10月・名古屋と、全国四大都市を一気に駆け巡ります!

原作は、フランス文学の巨匠ヴィクトル・ユゴーが自身の体験を基に、19世紀初頭のフランスの動乱期を舞台に当時の社会情勢や民衆の生活を克明に描いた大河小説。原作の持つ、「無知と貧困」「愛と信念」「革命と正義」「誇りと尊厳」といったエッセンスを余すことなくミュージカルに注ぎ込んだ本作品は、1985年のロンドン初演を皮切りに、日本では1987年6月に帝国劇場で初演を迎え、以来熱狂的な支持を得ながら、東宝演劇史上最多の2,572回という驚異的な上演回数を積み上げてきました。世界での観客総数も6,000万人に迫っており、"世界の演劇史を代表する作品の一つ"であることは、もはや誰しも疑うことができないでしょう。

また、日本での新演出版舞台上演に先んじて、2012年12月からはミュージカル版をベースとした映画版「レ・ミゼラブル」(出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド他)が公開され、まさに日本全国が「レ・ミゼラブル」に染まる年となります!
映画版「レ・ミゼラブル」

時代を超越する大傑作へ、そして作品を愛する全てのお客様へ贈る最高のプレゼント

そんな押しも押されもせぬ超大スペクタクル作品が、なぜこのタイミングで新演出となったのでしょうか。プロデューサーのサー・キャメロン・マッキントッシュは、ロンドン初演から25年経てもなお、全世界を魅了し続けるこの作品に進呈できる最高の誕生プレゼントは何だろうかと、思案しました。そして辿り着いた結論が、"演出を一新する"という大英断でした。演出にローレンス・コナー(新演出版『ミス・サイゴン』演出)とジェームズ・パウエルを、装置デザインにマット・キンリー(新演出版『ミス・サイゴン』映像)を、そして照明デザインにポール・コンスタブルを起用し、より斬新でエキサイティングに『レ・ミゼラブル』を一新させました。

作品の持つ圧倒的な力強さはそのままに、舞台装置、照明、音響、衣裳、また登場人物のキャラクターの描き方等全てを一新。舞台機構には大型スクリーンを設置し、原作者であるヴィクトル・ユゴー自身が描いた絵画からインスパイアされた映像と、出演者の演技とが混然一体となり、よりリアルな舞台となっています。また、照明は時間の流れを意識した作りとなり、より明確な表現がなされています。衣裳も新鮮味を帯びたものとなり、それを身に纏う登場人物の各キャラクター・性格も強調させることで、お客様により「共感」していただける演出となっています。

皆様どうぞご期待ください。

Page Top