ミュージカル『モーツァルト!』

梅田芸術劇場メインホール 2018年7月5日(木)~7月18日(水) 梅田芸術劇場メインホール
2018年7月5日(木)~7月18日(水)

若き才能と日本ミュージカル界屈指の実力者、
レジェンドたちが織りなす、
ウィーン・ミュージカルの極み、
3年ぶりに梅田芸術劇場に登場

「才能が宿るのは肉体なのか?魂なのか?」という深遠なテーマをベースに、その高い音楽性と重層的な作劇で“人間モーツァルト”夭逝の真相に迫り、2002年の日本初演以来、日本のミュージカルファンを魅了し続けている本作が、3年ぶりに梅田芸術劇場に戻って来ます。
注目のタイトルロールは、ミュージカルの世界にとどまらず活躍の場をますます広げる人気俳優・山崎育三郎と、本作で帝劇初主演に抜擢された若手ミュージカル俳優NO.1・古川雄大。そのモーツァルトの妻コンスタンツェ役には、2014、2017年と「レディ・ベス」のタイトルロールを見事に務めあげた平野綾が前回に続いて出演。新たなコンスタンツェ役として、「レ・ミゼラブル」においてコゼット役を瑞々しい演技と歌で新境地を開いた生田絵梨花(乃木坂46)と、「ロミオ&ジュリエット」(小池修一郎演出)のヒロイン・ジュリエット役に抜擢された期待の新星・木下晴香が登場します。モーツァルトの姉・ナンネール役には、「レ・ミゼラブル」のファンテーヌ役、「レディ・ベス」のアン・ブーリン役など慈愛に満ちた美声、確かな演技力を兼ね備えた和音美桜が務めます。
モーツァルトの才能を幼少時から見出し、成長してからはパトロン的存在となるヴァルトシュテッテン男爵夫人役には涼風真世香寿たつきの実力派Wキャスト。
モーツァルトの前に立ちはだかる権力者・コロレド大司教役の山口祐一郎、モーツァルトの父レオポルト役の市村正親の二人は、2002年初演以来、すべての公演に参加。まさにレジェンドとして公演を支えます。
日本ミュージカル界最高のキャスティングといっても過言ではない、2018年シーズンの「モーツァルト!」にご期待ください!

日本ミュージカル界の第一人者、小池修一郎による最新バージョンの誕生

ミヒャエル・クンツェ(脚本/歌詞)とシルヴェスター・リーヴァイ(音楽/編曲)による「エリザベート」「レディ・ベス」を手がけ、空前のヒット作に導いた小池修一郎が、今回も再演の枠を超えて新たな演出を施します。
2016年に圧倒的な支持をもって迎え入れられた韓国版「モーツァルト!」の演出を経て、次なる「モーツァルト!」となる本作がどのように生まれ変わるかが注目です。
新たな楽曲を加え、舞台ビジュアルもリニューアルされることも決定。初演から16年を経てもなお進化しつづける「M!」の終わりなき挑戦が始まります。

PAGE TOP