Cast &Staff

柚希礼音
柚希礼音(元宝塚歌劇団 星組トップスター)

1999年宝塚歌劇団入団、星組に配属。2009年宝塚歌劇団星組トップスターとなる。
主な主演舞台に、『ロミオとジュリエット』『オーシャンズ11』『太陽王~ル・ロワ・ソレイユ~』『眠らない男・ナポレオン‐愛と栄光のはてに‐』など。また、2014年には武道館での単独コンサートも実現するなど、宝塚歌劇100周年を支えるトップスターとして活躍。第30回松尾芸能新人賞、第65回文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞、第37回菊田一夫演劇賞を受賞。2015年5月10日『黒豹の如く』『Dear DIAMOND!!』にて宝塚歌劇団を退団。現在ハロルド・プリンス演出による世界初演作、三井住友VISAカードpresents ワールドプレミア ミュージカル『プリンス・オブ・ブロードウェイ』に出演中。

陽月華
陽月 華(元宝塚歌劇団 宙組トップ娘役)

2000年宝塚歌劇団入団、星組に配属。2007年宝塚歌劇団宙組娘役トップに就任。2009年同劇団を退団。
退団後は【舞台】『愛と青春の宝塚リバイバル ~恋よりも生命よりも~』(’11)『ザ・オダサク』(’13)【ドラマ】TBS『あぽやん~走る国際空港』(’13)EX『相棒Seaeson12』(’13)【映画】『駆込み女と駆出し男』(’15)など舞台、映像等幅広く活躍。また、『歌劇』では2010年1月より執筆連載を行う。

音花ゆり
音花ゆり(元宝塚歌劇団 星組娘役)

2001年宝塚歌劇団入団。星組に配属。
『ネオ・ダンディズム!』を皮切りに、『太王四神記 Ver.Ⅱ』『ノバ・ボサ・ノバ』などのエトワールや多数の歌手役、企画CD『Quatre Saisons』『Tribute to STUDIO GHIBLI』メンバーに選抜されるなど、星組を代表する歌姫として活躍。201515年5月に退団後、宝塚OG公演『SUPER GIFT!』に出演し、美声を響かせた。

鶴美舞夕
鶴美舞夕(元宝塚歌劇団 星組男役)

2001年宝塚歌劇団入団、星組に配属。
『ロミオとジュリエット』(’10)で特技のバトンを披露し、再演(’13)では役替りで愛役、『オーシャンズ11』では身体能力を活かし中国雑技団のイエン役、『ノバ・ボサ・ノバ』ピエロ役など老若男女問わず様々な役を好演。海外公演も三度経験。日舞は名取で、オールマイティーな実力を持つ。2015年5月に退団後、宝塚OG公演『SUPER GIFT!』に出演。

クリスティアン・ロペス
クリスティアン・ロペス

1984年、アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ。1999年、15歳の時に故郷でタンゴを始め、18歳までに多くの大会に参加。2004年、東京のカンパニー『Luna De Tango』に講師として招かれ、その後3年間日本各地で踊る。2008年、東京出身の堤崎尚子とペアを結成。2011〜13年、ペアでブエノスアイレスに滞在し、カンパニー『Tango Rojo』がファエナホテルで毎晩行っているタンゴショーに出演した。ペアとしてタンゴ世界選手権をはじめ数多くの大会で優秀な成績を収めており、2012年にはブエノスアイレスで行われた『Metropolitan Tango Salon』で1位を獲得。現在は東京を拠点に、ダンサー及び講師として世界各地で活躍している。2014年『Argentango』(東京芸術劇場プレイハウス/梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演)に出演。

岩崎大輔
岩崎大輔

【主な出演舞台】薄桜鬼 〜藤堂平助 編〜、ロックミュージカル『SONG OF SOULS』〜慶長幻魔戦記〜、菊花の契、恋文 〜星野哲郎物語〜、曾根崎心中、リーディングドラマ『はつ恋』、四谷於稲荷田宮神社勧進奉納舞台『なぞらえ屋』、Luna Regalo 〜月からの贈り物〜、ロックミュージカル『KING OF THE BLUE』、紫吹淳主演『うたかたのオペラ』、湖月わたる『Re-BIRTH』、ブロードウェイミュージカル『PIPPIN』、テーブルサイド物語、妻たちの鹿鳴館 etc...

小南竜平
小南竜平

兵庫県出身。大阪芸術大学舞台芸術学科ミュージカルコース卒業。2010年ミュージカル『絹の靴下』で初舞台を踏んで以降、舞台を中心にライブ、MVのダンサーとしても活動を展開中。主な出演作に、劇団スタジオライフ『BEAT POPS』、音楽座ミュージカル『泣かないで』、『メトロに乗って』ハチ公役、東宝ミュージカル『エリザベート』2015年公演トートダンサー、新国立劇場『パッション』等。

加賀谷一肇
加賀谷一肇

東京出身。
3歳でTAPに興味を持ち、現在では様々なスタイルのダンスをこなす。
シアタージャズから、HipHop、TAP、コンテンポラリーと癖なくマルチに対応出来る表現力の幅には定評がある。
主な出演作品『アリス イン ワンダーランド』『オーシャンズ11』『ダンス オブ ヴァンパイア』『エリザベート』『THE TAP GUY』『ONE HEART Musical Festival』『100万回生きたねこ』『スコット&ゼルダ』その他、舞台、TV等多数出演。

宮垣祐也
宮垣祐也

1988年8月2日生まれ
瀬奈じゅんコンサート『A Live』、『エリザベート』、『ロミオ&ジュリエット』、『プロミセス・プロミセス』、『ブロードウェイミュージカルライブ』、『ザ・ビューティフル・ゲーム』、『Spinning Channel』、舞台『ファンタシースターオンライン2』『Show with Mizu』等
俳優、ダンサーとして活動している。

李侖炯(イ・ユニョン)
李侖炯(イ・ユニョン)

1983年韓国生まれ。
幼い頃から踊ることと歌が好きで各種ダンス大会で受賞した。
韓国で歌、ヒップホップ、 ジャズ、ミュージカルダンスを学び、2011年ミュージカル『マンマ・ミーア!』でデビュー 、2012年『ヘアスプレー』 、2013年ミュージカル『宮』、2014年ミュージカル『ゴースト』を通じてミュージカル俳優として根を下ろした。

姜東錫(カン・ドンソク)
姜東錫(カン・ドンソク)

19歳の時から教えを受けた釜山の伝統芸能仮面舞の一種ドンレヤリュ(東萊野遊)の2011年全国マダンノリ大会で金賞受賞。
一緒に始めたタップダンスで 2005年から公演および講師で活動。
以後ミュージカル及び舞踊公演多数出演。

權容国(クォン・ヨングク)
權容国(クォン・ヨングク)

1984年大韓民国大邱生まれ。
2000年 、17歳の時にバレエを始めて 20歳の時ソウル世宗大学校入学 バレエ専攻、大学の時代に多くのコンクールで入賞。
2009年『ロミオ&ジュリエット』でミュージカル俳優の道を選択し、以後、2010年『モーツァルト!』、『コーラスライン』、2011年『三銃士』、2012年『キャッツ』、『二都市物語』、2013年『 レベッカ』、2014年『ウィキッド』、2015年『キンキブーツ』、『イン・ザ・ハイツ』など、様々なミュージカルに出演。

朴鏡秀(パク・キョンス)
朴鏡秀(パク・キョンス)

1997年現代舞踊開始。1999年韓国現代協会主観コンクール銅賞受賞、2001年韓国芸術総合学校舞踊院入学、2003年ミュージカル俳優デビューを果たす。
『明成皇后』、『ガイズ&ドールズ』、『ロミオ&ジュリエット』、『英雄』等その他多数公演にダンス キャプテンとして活動。
2009〜現在『英雄』、『モーツァルト!』、『元曉』、『双花別曲』、『ヴォイツェク』、『マリー・アントワネット』に 振付助監督として参加。2012年 国立劇団『ロミオ&ジュリエット』振付監督デビュー、2013年ソウル芸術団歌舞劇『青い目のパク・ヨン』振付監督、2015年ミュージカル『風のように 火花のように』振付監督。

宝塚在団時「伝説」とまで呼ばれるに至った柚希礼音。彼女が何故「伝説」と呼ばれるよう至ったのかを卒業後じっくり考えていました。その末に行き着いたのは彼女の人間力。この世に生を受けたものが皆持ち合わせているものですが、特に彼女はその力に長けていました。そしてそれは現在進行形! 宝塚を、男役を卒業しても変わることがありません。これまでやったことのない新しい分野にも挑戦し続ける新たなる「伝説」が始まる予感に私自身が心を躍らせています。歌やダンスはもちろん、映像を駆使した演出、皆様と一体感を共有できる空間や日替わりシーンも考えております。是非皆様も柚希礼音の新たなる伝説を一緒に劇場で分かち合いましょう!!

稲葉太地(宝塚歌劇団)

[構成・演出]稲葉太地(宝塚歌劇団)

[音楽監督]長谷川雅大

[音楽]青木朝子

[指揮]森 亮平

[振付]KAZUMI-BOY/原田 薫/大村俊介/DAZZLE

[美術]二村周作

[照明]矢鍋智子

[音響]山本浩一

[映像]谷本篤史

[衣装]十川ヒロコ

[ヘアメイク]鎌田直樹

[映像機材・LED]マグナックス

[歌唱指導]有紗ゆり

[音楽事務・稽古ピアノ]宇賀村直佳/若林優美

[振付助手]月央和沙

[制作]荒川ちはる/杉上紀子/今野亜希

[舞台監督]藤崎 遊