公演詳細

ミュージカル
レディ・ベス

愛を知り、淑女<レディ>になる。
運命に生き、女王<クイーン>になる。
彼女の名は ― エリザベス

若き日のエリザベス1世の愛と試練を描いた大ヒットミュージカルが、
再び梅田芸術劇場で幕を開ける!

<INTRODUCTION>

 偉大なる英国女王として45年もの長きに渡り君臨したエリザベス1世。
彼女の若き日の悩み、苦難、そして淡い恋を描いた本作は、『エリザベート』『モーツァルト!』を生み出したミヒャエル・クンツェ、シルヴェスター・リーヴァイ、
小池修一郎のゴールデン・トリオによる待望の新作として2014年に東京・帝国劇場を皮切りに、大阪・梅田芸術劇場はじめ4大都市で世界初演を迎えました。
美しく壮大な世界観と叙情的な物語が絶賛を浴びた歴史ロマン大作ミュージカルが、2017年、梅田芸術劇場に再び帰ってきます!!

<STORY>
1 6世紀イギリス。ベスは国王ヘンリー8世の娘にも関わらず、母が反逆罪の汚名を着せられ処刑されたため、片田舎で家庭教師達と共に勉学に勤しみながらひっそりと暮らしていた。
王女らしい理知と少女らしい好奇心に満ちたベスは、ひょんなことから出会った吟遊詩人ロビンに反発しながらも淡い恋心を抱き始める。
しかし、つつましくも平穏だった日常は、彼女が現国王である姉メアリーに対して反逆を企てているとの疑いを掛けられ一変する。
忠義心をメアリーに信じてもらえず、司教ガーディナーやスペイン大使ルナールに陥れられ、ついにロビンとも引き離されロンドン塔に投獄されてしまう。
だがメアリーの圧政に不満が溜まった民衆からは、「ベスを女王に」という声が次第に高まっていく。ベスが選ぶ道は、女王として国を導く人生か、1人の女性としての幸せか、果たして――。

公演概要

  • 発売中

梅田芸術劇場メインホール
2017/11/28(火)2017/12/10(日)

会員先行
  • 2017/6/2(金)11:00 ~ 2017/6/6(火)11:00【抽選】
  • 2017/7/26(水)10:00 ~ 2017/7/27(木)23:59【先着】
一般発売日
2017/7/29(土)
料金
S席 13,500円 A席 9,000円 B席 5,000円
(全席指定・税込)
お問い合わせ
梅田芸術劇場メインホール  06-6377-3800

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

脚本/歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽/編曲 シルヴェスター・リーヴァイ
演出/訳詞/修辞 小池修一郎
出演 レディ・ベス:花總まり/平野綾(Wキャスト)
ロビン・ブレイク:山崎育三郎/加藤和樹(Wキャスト)
メアリー・チューダー:未来優希/吉沢梨絵(Wキャスト)
フェリペ:平方元基/古川雄大(Wキャスト)
アン・ブーリン:和音美桜
シモン・ルナール:吉野圭吾
ガーディナー:石川禅
キャット・アシュリー:涼風真世
ロジャー・アスカム:山口祐一郎
出演2 大谷美智浩 中山昇 加藤潤一 寺元健一郎 石川新太

朝隈濯朗 石川剛 榎本成志 奥山寛 川口大地 
黒沼亮 後藤晋彦 杉山有大 武内耕 田中秀哉 
福永悠二 港幸樹 山名孝幸

秋園美緒 池谷祐子 石原絵理 樺島麻美 島田彩 
真記子 安岡千夏 山田裕美子 吉田萌美
石倉雫 桑原愛佳 斉藤栄万 山田樺音
製作 東宝
主催 関西テレビ放送 梅田芸術劇場
関連リンク

舞台写真

帝劇公演より

ムービー

  • スポット動画
  • 2017プロモーション映像

キャストスケジュール