公演詳細

三島由紀夫×デヴィッド・ルヴォー
黒蜥蜴
くろとかげ

2018年1月上演決定!

「美」に執着する女盗賊・黒蜥蜴と名探偵・明智小五郎とが対決する、三島由紀夫が残した傑作戯曲。

江戸川乱歩の長編探偵小説で、1961年に三島由紀夫が戯曲化した『黒蜥蜴(くろとかげ)』。
その発表以降、何度も舞台化されてきたこの名作に、ロンドンやブロードウェイで活躍する世界的な演出家David Leveaux(デヴィッド・ルヴォー)が長年描いてきた演出プランで挑みます!
『黒蜥蜴』の耽美的な世界、ぜひご期待ください。


<演出家David Leveauxコメント
報われない愛、残酷なエロティシズム、完璧さの追求と、そんな完璧主義への懐疑心……。
すべての三島戯曲が扱うテーマは、私にとって非常にミステリアスです。『黒蜥蜴』もその例外ではなく、自分とは相反するものへの愛、その愛の残虐さについて描いた、驚くべきラブストーリーだと思います。
黒蜥蜴は、ダイヤモンドを盗みはしても、金銭的な価値には、まったく興味がありません。彼女は犯罪者というより、あくまでも美を求めるアーティストなのです。明智は、これはただの強盗や誘拐事件などではない。そんな次元を遙かに超えた何かなのだと察知し、彼女に惹かれてゆきます。黒蜥蜴も、自分は絶対に傷つきたくないと思う一方で、傷つきたいという願望を抑えることができず、明智に恋してしまうのです。が、二人の恋は、決して成就することはありません。ロマンチックな恋愛シチュエイションを用いず、三島がこだわったグロテスクな美しさによって、このラブストーリーを描きたいと考えています。

公演概要

日生劇場
2018年1月

一般発売日
未定
料金
未定
お問い合わせ
梅田芸術劇場   0570-077-039

梅田芸術劇場メインホール
2018年2月上旬

一般発売日
未定
料金
未定
お問い合わせ
梅田芸術劇場メインホール  06-6377-3800

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

原作 江戸川乱歩
脚本 三島由紀夫
演出 デヴィッド・ルヴォー
出演 中谷美紀
井上芳雄
ほか
企画制作 梅田芸術劇場
主催 [東京] フジテレビジョン ぴあ 梅田芸術劇場
[大阪] ぴあ 梅田芸術劇場