公演詳細

ミュージカル
『リトル・ナイト・ミュージック』

トニー賞7冠に輝いた不朽の名作!!
愛は無様で、素晴らしい

「ウエスト・サイド・ストーリー」、「スウィーニー・トッド」等、数々の名作を生み出したミュージカル界の巨匠スティーヴン・ソンドハイムの最高傑作との呼び声高い『リトル・ナイト・ミュージック』。
 
イングマール・ベルイマン監督の映画『夏の夜は三たび微笑む』(1955年)に着想を得たミュージカル・ラブ・コメディで、19世紀末のスウェーデンを舞台に、求めあいながらこっけいにすれ違う、様々な男女の愛の行方を描き、初演以来トニー賞7部門、グラミー賞2部門の栄冠に輝いた名作です。

クライマックスで、主役デジレがしみじみと歌うナンバー“Send in the Clowns”は、名女優たちに愛される楽曲としてあまりにも有名で、過去にジュディ・デンチ、グレン・クローズらが、女優ならではの万感に迫る歌唱で、賞賛を集めました。
宣伝クリエイターによる マンガ稽古場レポート
演出家による「♪Send In The Clowns」歌唱映像

公演概要

  • 発売中

梅田芸術劇場メインホール
2018/5/4(金)2018/5/5(土)

会員先行
  • 2017/12/17(日)11:00 ~ 2017/12/19(火)11:00【抽選】
  • 2018/1/11(木)10:00 ~ 2018/1/12(金)23:59【先着】
一般発売日
2018/1/13(土)
料金
S席 13,000円 A席 9,000円 B席 5,000円
(全席指定・税込)
U-25チケット 8,000円
(S席 or A席/25歳以下対象・当日指定席引換・税込)
ファミリーチケット(一般1名+25歳以下1名) 21,000円
(S席連番/当日指定席引換・税込)
ファミリーチケット(一般1名+25歳以下2名) 29,000円
(S席連番/当日指定席引換・税込)
ファミリーチケット(一般2名+25歳以下1名) 34,000円
(S席連番/当日指定席引換・税込)
ファミリーチケット(一般2名+25歳以下2名) 42,000円
(S席連番/当日指定席引換・税込)
お問い合わせ
梅田芸術劇場メインホール  06-6377-3800

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

作詞・作曲 スティーヴン・ソンドハイム
脚本 ヒュー・ホィーラー
演出 マリア・フリードマン
出演 大竹しのぶ

蓮佛美沙子

安蘭けい

栗原英雄

安崎 求
トミタ栞
瀬戸たかの

木野 花

ウエンツ瑛士

風間杜夫
企画製作 東宝・ホリプロ
主催 梅田芸術劇場
関連リンク

東京公演レポート

東京公演 初日前日囲み取材

レポートも掲載されています!
げきぴあ
SPICE
エンタステージ
日テレNEWS24
and more…

稽古場潜入レポート

  • 大竹しのぶ×ウエンツ瑛士へのインタビュー
  • 男性アンサンブルのみなさんへのインタビュー
  • 女性アンサンブルのみなさんへのインタビュー
  • 演出家:マリア・フリードマンへのインタビュー

あらすじ

舞台は19世紀末のスウェーデン。
18歳のアン(蓮佛美沙子)と再婚した中年の弁護士フレデリック(風間杜夫)はなかなか妻に手が出せず、結婚して11ヶ月経った今もアンは処女。
息子のヘンリック(ウエンツ瑛士)は密かに一歳下の義母アンに恋心を抱いていた・・・。

ある日、芝居を観に行ったフレデリックとアン。主演女優のデジレ・アームフェルト(大竹しのぶ)はフレデリックの昔の恋人なのだが、何も知らないアンは無邪気に喜んでいた。しかしフレデリックが寝言で「デジレ…」と言ったことで不信感を抱くようになる・・・。スポットライトを浴びるデジレの顔を見た瞬間、アンはフレデックとデジレの関係を察し、泣きながら席を立ってしまう。純粋すぎるアンに疲れたフレデリックはついデジレに会いに行ってしまい・・・。

デジレの下宿で 14年ぶりに再会を果たした二人は、お互い再び惹かれあう。そして昔を懐かしむように寝室に向かったところで、デジレの現在の恋人で女房持ちのカールマグナス伯爵(栗原英雄)が突然来訪する。伯爵は二人の仲を怪しみ、妻・シャーロット(安蘭けい)にフレデリックのことを調べるよう命令する。早速アンを尋ねたシャーロットは全てを暴露し、二人は互いの夫をデジレに取られたことを慰め合う。

一方フレデリックのことが気になるデジレは自分の母親と娘が住む田舎の屋敷に、フレデリック一家を招待することを計画。伯爵夫妻もこの件を嗅ぎつけ、強引に田舎へ向かった。

ついに顔を合わせることになった三組の家族。それぞれがさまざまな思惑を抱きながら、一夜を共にすることになるが……