新着情報

宝塚歌劇 星組『オーム・シャンティ・オーム ー恋する輪廻ー』公演、初日に先駆け7月21日(金)、公開舞台稽古終演後に囲み取材を実施!

2017/7/22

                           撮影:岸隆子(Studio Elenish)

 

初日に先駆け、前日の公開舞台稽古終演後に囲み取材が行われました。星組トップスター・紅ゆずる、星組トップ娘役・綺咲愛里、脚本・演出の小柳奈穂子に加え、インドより、本作の原作映画「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」の監督であり振付家 ファラ・カーン氏の4名が出席。終演後の興奮冷めやらぬ雰囲気のなか、時には笑いも交え和やかに質疑応答が行われました。4名それぞれのコメントをご紹介いたします!


【オーム・プラカーシュ・マキージャー(俳優)/オーム・カプール(俳優):紅ゆずる コメント】

初演のときは、がむしゃらにインド感を表現しようと探求していましたが、今回は出演者もガラリと変わりましたので、新たな『オーム・シャンティ・オーム』 をお届けできるよう精進してまいります。大阪公演では、お客様と一体となってさらにインドの世界を堪能いただけるアンコールが追加となっております。一緒に楽しむ気持ちで、意気込んで、劇場までお越しいただけると幸いです。
 

【シャンティプリヤ(女優)/サンディ:綺咲愛里 コメント】

もう一度、この素敵な作品に出演できることを、とても光栄に思います。公演期間が限られておりますので、一回一回大切にしていきたいです。


【脚本・演出 担当:小柳奈穂子 コメント】

原作がとてもゴージャスな作品でしたので、宝塚として負けないように、ゴージャス感を演出できるよう心がけました。お客様と一緒に盛り上がるインド映画のように、お芝居でも舞台と客席との一体感を持って、共にマサラパラダイスを楽しんでいただければと思います。

 

【映画「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」監督 ファラ・カーン(Farah Khan) コメント】

とにかく感無量です。本当に素晴らしかった。盛り上がって、涙を流しながら観ていました。この映画を宝塚歌劇団という素晴らしいところで、このような作品を創っていただき、心より感謝いたします。私がインドで次の作品を創る際には、ぜひ紅さんに主演していただきたいです。

 
【公演日程】2017年7月22日(土)~8月7日(月) 梅田芸術劇場メインホール

※『マサラ・ナイト』開催!スペシャルノベルティ “マサラ・グッズ”プレゼントや“マサラ・トークショー”など楽しいイベントが盛りだくさん。

ご期待ください。

【公演HPhttp://www.umegei.com/om-shanti-om/

 

 

≪ 新着一覧へ戻る