湖月わたる

湖月わたる

1989年「春の踊り」で初舞台、星組に所属。
初舞台当初から長身を生かしたダイナミックなダンスが目を引き、1992年ニューヨーク公演に抜擢。
94年「若き日の唄は忘れじ」で新人公演主役を務める。
同年ロンドン公演に参加、二度目の海外公演を経験。
数々の新人公演主役を務め、97年「夜明けの天使たち」で初主演。翌98年香港公演に出演、新生宙組の主要メンバーに。同年「エリザベート」で物語の鍵を握るルキーニを演じ骨太な役者としての成長を見せる。
また「TEMPEST」でシェイクスピア劇にも挑戦。2000年専科に移籍し組の枠を超えた活動が始まる。
「ベルサイユのばら」アンドレ、「風と共に去りぬ」アシュレなど宙、雪、星、月組に連続出演、02年池袋サンシャイン劇場「フォーチュン・クッキー」にモナ役で外部出演。
03年2月に星組に組替え、主演男役スターとなる。
お披露目公演「王家に捧ぐ歌」(アイーダより)では将軍ラダメスを熱演、文化庁芸術祭賞優秀賞を授賞。数多くの作品を演じ、 05年日韓国交正常化40周年記念「ベルサイユのばら」で宝塚歌劇団初の韓国公演を成功に導いた。
06年ダンシングリサイタル「Across」を開催。同年11月「愛するには短すぎる」「ネオ・ダンディズム」で宝塚歌劇団を退団。