知りたいんだ。
生きる意味を、命とは何かを――

原作は、イタリアの劇作家、アルバート・カゼッラによる戯曲『La morte in vacanza』(1924)に基づき、ウォルター・フェリスが1929年に『Death Takes A Holiday』として英語で戯曲化。その後、同タイトルで1934年にフレドリック・マーチ主演で映画化(邦題:明日なき抱擁)、1998年にはブラッド・ピット主演で『ミート・ジョー・ブラック(邦題:ジョー・ブラックをよろしく)』としてリメイクされました。

オフ・ブロードウェイミュージカル版は、『TITANIC』で成功を収めたピーター・ストーン(脚本)とモーリー・イェストン(作詞・作曲)のコンビにより産み出され(2003年ピーター没後、トーマス・ミーハンが執筆を継承)、オフ・ブロードウェイで 2011年6月〜9月に初演、その後 2017年1月〜3月にはオフ・ウエストエンドのチャリングクロス劇場で上演されました。日本では 2023年に宝塚版が上演され、大きな話題を呼びました。

そして今作の主演には、「WEST.」のメンバーとして活躍するのみならず、2021年には舞台『エレファント・マン』での演技が評価され、第28回読売演劇大賞の杉村春子賞を受賞した小瀧望を迎えました。小瀧は死神/サーキ役を演じます。
ヒロインのグラツィア役には、ドラマ、CMなど多くの映像作品に出演しつつも、近年ではコンスタントに舞台出演を果たし、活躍の場を広げている山下リオと、宝塚歌劇団月組トップ娘役として活躍後、大学院に進学、退団後初の舞台出演となる美園さくらがWキャストで演じます。さらに、エリック役には東 啓介、コラード役に内藤大希、アリス役に皆本麻帆、デイジー役に斎藤瑠希、ヴィットリオ役に宮川 浩、ステファニー役に月影 瞳、ダリオ役に田山涼成、エヴァンジェリーナ役に木野 花と、実力派の俳優が名を連ねました。
演出は、宝塚歌劇団での活躍のみならず、劇団外ではミュージカル『ドン・ジュアン』(2019,2021)で好評を博した気鋭の演出家、生田大和(宝塚歌劇団)が宝塚版に引き続き務めます。

2024年秋、ミュージカル『DEATH TAKES A HOLIDAY』にどうぞご期待ください。

演出:生田大和(宝塚歌劇団)コメント
明日が来なくても、愛は消えない――

生きる事。愛と死。そして命とは何か。

敬愛するモーリー・イェストン氏の楽曲にのせて、死神の視点で人生の意味を問いかける、このミュージカルを、主演・死神(と、東欧からやってきたチャーミングなプリンス!)役の小瀧さんをはじめ、個性と技量、それぞれの経験豊かな俳優の皆様、この作品を愛するクリエイター・スタッフ陣と共に創ることができる事に、喜びと幸せを感じています。
この「出会い」によって起きるであろうケミストリーに、私自身、ワクワクしています。
どうぞ、ご期待ください!
主演:死神/サーキ役 小瀧望 コメント
まさか死神という、人間ではない役を演じる事になるとは思ってもいませんでした。
元々この作品の映画(リメイク版)が好きで、ブラッド・ピットさんが演じられた役ですので、同じ役に挑める事にプレッシャーを感じつつも興奮しています。
死神が人間の力や姿を借りて下界に降りてくるというファンタジーであり、難しい役どころを、手探りで進めていくことになると思いますが、とても楽しみです。
ありふれた役じゃないだけに役者冥利に尽きます!頑張りたいと思います。

主催:梅田芸術劇場 東京グローブ座
企画・制作:梅田芸術劇場
協力:宝塚歌劇団

お問い合わせ:梅田芸術劇場(10:00~18:00) [東京公演]0570-077-039/[大阪公演]06-6377-3800