新国立劇場 小劇場|2022年6月24日(金)~7月10日(日)  梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ|2022年7月13日(水)~7月15日(金)

新国立劇場 小劇場|2022年6月24日(金)~7月10日(日)  梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ|2022年7月13日(水)~7月15日(金)

イントロダクション
イントロダクション

たった一度だけ日本で上演された幻の名作が、いま蘇る

驚愕の実話を元に、劇作家・デイヴィット・ヘンリー・ファンが書き上げ、1988年トニー賞最優秀演劇賞を受賞した『M.バタフライ』
世界30ヵ国以上で上演され、日本では1990年劇団四季での上演以来32年ぶりとなります。


本作の主人公、ルネ・ガリマールを演じるのは、徹底した役の掘り下げに裏付けされた演技力と圧倒的な存在感を放つ、内野聖陽。物語では、投獄されたルネが観客に、自身の「正しさ」を『蝶々夫人』と対比させながら観客に説いていくうちに、やがてその全貌が浮かび上がります。エネルギッシュでありながら細やかに丹念に人物を表現する内野の、まさに真骨頂が発揮されるでしょう。そして、毛沢東のスパイでありながら、京劇女優に身分を偽るソン・リリンは、岡本圭人が務めます。アメリカ最古の名門演劇学校であるアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツへ留学、帰国後に主演した舞台「Le Fils 息子」では、思春期の絶望と不安に苛まれながら必死でもがく青年を見事に演じ切り、称賛されました。この度演じるソンは、性別も身分も、そして京劇女優の立ち振る舞いも表現することが求められ、また新たな挑戦となります。

そして、ルネの妻ヘルガは、凛とした佇まいが魅力の朝海ひかる、ソンの監視役の共産党員、チン同志に占部房子、ガリマールの浮気相手役に藤谷理子、ルネの駐在中の上司、トゥーロン役に三上市朗、ルネの幼馴染、マルクにみのすけといった、実力派が揃います。

演出を手がけるのは、劇団チョコレートケーキの座付き演出家、日澤雄介。歴史的・社会的なテーマを掲げた作品を手がけることを得意としています。会話を中心に、ていねいに人物を描き出す手腕は、演劇界から高く評価されており、第49回紀伊國屋演劇賞 団体賞、第29回読売演劇大賞 優秀演出家賞など、受賞も多数。硬派なテーマを含みつつ、生々しい人間ドラマ、愛の物語をどのように展開させていくのか、こちらも大きな挑戦となります。どうぞご期待ください。

ストーリー
ストーリー

あまりにも残酷で衝撃的な、この愛の結末

中国、北京に駐在経験のあるフランス人外交官ルネ・ガリマールは、国家機密情報漏洩により投獄されている。なぜ彼は、そんな大罪を犯すに至ったのか。オペラ『蝶々夫人』と対比させながら、彼が自らの物語として、その「正しさ」を説いていくうちに、ことの全貌が見えてくる。


時は1960年代、文化大革命前夜の中国・北京。駐在フランス人外交官のルネ・ガリマールは、社交の場でオペラ『蝶々夫人』を披露した京劇のスター女優ソン・リリンに出会う。「東洋人らしい」慎み深さと奥ゆかしい色香を湛えたソンに、瞬く間に魅了され恋に堕ちていくルネ。やがて人目を忍びつつもやがて男女の仲になり20年に渡り関係が続くが……

その実、ソンは毛沢東のスパイであり、男だった―――。

キャストスタッフ
キャスト&スタッフ

キャスト

  • 朝海ひかる
  • 占部房子
  • 藤谷理子
  • 三上市朗
  • みのすけ

アンサンブルダンサー

南部快斗 新井健太

スタッフ

原作
デイヴィット・ヘンリー・ファン
翻訳
吉田美枝
演出
日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)

美術
山本貴愛
衣裳
前田文子
照明
松本大介
音響
角張正雄
ヘアメイク
宮内宏明
京劇指導
張 春祥
擬闘
栗原直樹
所作指導
飛鳥左近
演出助手
長町多寿子
ドラマトゥルク
下平慶祐
舞台監督
藤崎 遊

宣伝美術:中山智裕[SUN-AD] 宣伝写真:TAKA MAYUMI 宣伝衣裳:中川原寛(内野聖陽)、Die-co★(岡本圭人)

宣伝ヘアメイク:佐藤裕子[スタジオAD](内野聖陽)、桑本勝彦(岡本圭人) 宣伝協力:ディップス・プラネット

演出 日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)
劇団内外の様々な作品を手がける。ハードな台詞表現の内に、人間味を凝縮させ、ある種の極限状態にいる者たちの存在に肉迫していく。負荷に炙り出されるようにして生まれた俳優の衝動を純度の高い感情表現まで昇華させ、硬質ながらも生々しい人間ドラマを展開させる。

2014年 第21回読売演劇大賞 優秀演出家賞
2018年 第25回読売演劇大賞 優秀演出家賞
2022年 第29回読売演劇大賞 優秀演出家賞

コメント

スケジュール
スケジュール

<東京公演>新国立劇場 小劇場

2022年6月24日(金)~7月10日(日)

6月24日
(金)
6月25日
(土)
6月26日
(日)
6月27日
(月)
6月28日
(火)
6月29日
(水)
6月30日
(木)
- - 12:00 13:00 休演 13:00 13:00
18:00 17:00 17:00 - 18:00 -
7月1日
(金)
7月2日
(土)
7月3日
(日)
7月4日
(月)
7月5日
(火)
7月6日
(水)
7月7日
(木)
13:00 12:00 12:00 休演 13:00 13:00 13:00
- 17:00 17:00 - 18:00 -
7月8日
(金)
7月9日
(土)
7月10日
(日)
13:00 12:00 12:00
- 17:00 -
  • ■一般発売日
    2022年5月21日(土)AM10:00
    ■料金
    S席10,500円 バルコニー席8,500円(税込)
    ※バルコニー席は客席内の側面に位置する、舞台を横向きに見下ろしてご観劇いただくお席です。
    ※バルコニー席でご観劇いただく場合、舞台の一部が見えない可能性がございます。
    また、周りのお客様の視界の妨げとなりますので、前のめりでのご観劇はご遠慮ください。
    ■お問い合わせ
    梅田芸術劇場 0570-077-039(10:00~18:00)

<大阪公演>梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

2022年7月13日(水)~7月15日(金)

7月13日
(水)
7月14日
(木)
7月15日
(金)
- 13:00 13:00
18:00 18:00 -
  • ■一般発売日
    2022年5月21日(土)AM10:00
    ■料金
    全席指定10,500円 前方サイドシート(※注釈付)10,000円(税込)
    ※演出・セットの都合上、見づらいシーンがある可能性がございます。
    ■お問い合わせ
    梅田芸術劇場 06-6377-3888(10:00~18:00)

<福岡公演>キャナルシティ劇場

2022年7月23日(土)、24日(日)

  • ■主催
    キャナルシティ劇場/サンライズプロモーション東京
    ■お問い合わせ
    キョードー西日本 0570-09-2424(平日・土日11:00~17:00)

<愛知公演>ウインクあいち 大ホール

2022年7月30日(土)、31日(日)

  • ■主催
    メ~テレ、メ~テレ事業
    ■お問い合わせ
    メ~テレ事業 052-331-9966(祝日を除く月-金10:00~18:00)

チケット
チケット

【主催先行】
▶梅田芸術劇場ネット会員(有料会員のみ)
*2022年3月9日(水)までにご入会いただいた方のみが対象となります。
*主催先行の詳細はこちらをご確認ください

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※車椅子でご来場予定のお客様は、当日のスムーズなご案内のため、公演前日までに梅田芸術劇場までご連絡ください。
※営利目的の転売禁止。
※インターネットオークション等で購入されたチケットでのご入場はお断りさせていただく場合もございます。また、トラブルについての責任も負いかねますのでご注意ください。
※今後の社会情勢に応じて、出演者・公演内容・スケジュール並びにチケットの販売等につきましては、変更となる可能性がございます。
※最新の情報については公式ホームページをご確認ください。

アクセス
アクセス

<東京公演>新国立劇場 小劇場

〒151-0071 東京都渋谷区本町1丁目1番1号
TEL : 03-5351-3011(代表)

電車・バス
京王新線「初台駅」中央口直結
(都営新宿線乗入れ。京王線は止まりません)
山手線渋谷駅 バス

<大阪公演>梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

〒530-0013
大阪市北区茶屋町19-1

阪急電車
「大阪梅田駅」茶屋町口より徒歩3分

JR線
「大阪駅」御堂筋北口より徒歩8分

地下鉄
御堂筋線「梅田駅」1号出口より徒歩5分
御堂筋線「中津駅」4号出口より徒歩5分
谷町線「東梅田駅」1号出口より徒歩7分
四ツ橋線「西梅田駅」3号出口より徒歩11分

阪神電車
「大阪梅田駅」東出口より徒歩10分

PAGE TOP