このミュージカルは、人生を変える―
ミュージカル
『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』

TBS赤坂ACT シアター


【オープニング公演】2020/9/11(金)~2020/9/14(月)
【東京公演】2020/9/16(水)~2020/10/17(土)


※7・8月公演は中止させて頂くことになりました。

『リトル・ダンサー』の邦題で上映されたヒット映画(原題:『Billy Elliot』、監督:スティーヴン・ダルドリー)をミュージカル化した舞台。2005年5月にロンドンで開幕、翌年オリヴィエ賞で4部門(最優秀新作ミュージカル賞・最優秀作曲賞など)を受賞。2008年にはブロードウェイに進出、翌年のトニー賞で最優秀ミュージカル脚本賞・最優秀ミュージカル演出賞など10部門を制覇した。ミュージカル版は映画に続き、名匠スティーヴン・ダルドリーが演出。2017年の日本初演は大好評を博し、読売演劇賞 審査員特別賞、菊田一夫演劇大賞などを受賞した。

<キャスト>
川口 調 利田太一 中村海琉 渡部出日寿
益岡 徹 橋本さとし
柚希礼音 安蘭けい
根岸季衣 阿知波悟美
中河内雅貴 中井智彦
星 智也
大貫勇輔 永野亮比己 他
4人の演出家が2020年という時代に、それぞれの視点で描く新釈MISHIMA
三島由紀夫没後50周年企画
『MISHIMA2020』

日生劇場


『橋づくし』『憂国』2020/9/21(月)~2020/9/22(火)
『真夏の死』『班女』2020/9/26(土)~2020/9/27(日)


2020年、戦後の日本文学界を代表する作家、三島由紀夫が自決した衝撃的な事件から50年。彼の人生、作品、思想は、世代や国境をも超えて、人々に大きな影響を与え、生き続けています。
そんな三島文学に刺激を受ける4名の演出家が集い、前半日程は『橋づくし』『憂国』、後半日程は『真夏の死』『班女』の上演が決定。半世紀を経て、なお人々を魅了し続ける三島作品と、若い世代によって生み出される新しい感覚を融合し、日本の純文学を現代に蘇らせ、創造的かつ視覚化した作品を目指します。
三島由紀夫没後に生まれた4人の演出家が、三島を通して考える今の日本、多種多様に満ちた三島作品を、2020年という時代を通して舞台化。
三島由紀夫が今の日本を見たら、何を思うだろう。

<スタッフ・キャスト>
『真夏の死』
作・演出:加藤拓也
出演:中村ゆり 平原テツ

『班女』
演出:熊林弘高
出演:麻実れい 中村蒼 他

『憂国』
作・演出:長久允
出演:東出昌大 菅原小春

『橋づくし』
作・演出:野上絹代
出演:伊原六花 井桁弘恵 野口かおる / 高橋努
気鋭の藤田俊太郎 演出、主演 城田優にて上演決定!!
ミュージカル
『NINE』

TBS赤坂ACTシアター


2020/11/12(木) ~ 2020/11/29(日)


イタリア映画界の名匠と名高いフェデリコ・フェリーニの自伝的作品「8 1/2(はっかにぶんのいち)」を原作に、アーサー・コピット(脚本)、モーリー・イェストン(作詞/作曲)といったブロードウェイの巨匠たちにより生み出されたミュージカル。
1982年の初演当時のトニー賞にて実に10部門のノミネートを達成し、計5部門で最優秀賞の座を射止め、2009年に映画化。豪華ハリウッド俳優陣によるこの映画はアカデミー賞、ゴールデングローブ賞等にノミネートされました。
創作へのスランプに迷走する映画監督グイドと、彼を取り巻く様々な女たちとの「愛の物語」にどうぞご期待下さい。

<キャスト>
城田優
咲妃みゆ すみれ
土井ケイト 屋比久知奈 エリアンナ
原田薫 春野寿美礼
前田美波里
DAZZLE
トム・サザーランド演出!世界初演ミュージカル
ミュージカル
『The Illusionist-イリュージョニスト-』

日生劇場


2020年12月~2021年1月予定


舞台は19世紀末、ウィーン。栄華を極めたハプスブルク帝国の斜陽。
イリュージョニスト・アイゼンハイムは、興行主ジーガと共に世界中を巡業していた。ウィーンでの公演中、偶然にもアイゼンハイムは幼い頃恋心を寄せ合った公爵令嬢、ソフィと再会する。だが、ソフィはオーストリア皇太子レオポルドの婚約者となっていた。
傾国の危機を救うために、過激な思想に傾倒する皇太子。ソフィはそんな皇太子の熾烈な正義感に疑念を抱いていた。ひそかに逢瀬を重ね、変わらぬ愛を確かめ合うアイゼンハイムとソフィ。だが、二人の密会を知った皇太子は、怒りのあまり剣を手にソフィの後を追う。
その夜、ソフィは死体となって発見される。
事件の真相を探るウール警部は、様々な証言から徐々にソフィ殺害の深層に近づいて行く…。
目の前に見えているものは果たして真実か?それとも虚偽なのか?

<キャスト>
三浦春馬 海宝直人 愛希れいか/栗原英雄/濱田めぐみ 他
春のライブ第4弾決定!
春野寿美礼 2021春のライブ4th at Billboard Live

ビルボードライブ東京


2021/1/19(火)~2021/1/21(木)


※当初、2020年6月の開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルスに関する情勢を踏まえて延期させて頂きました。

春野寿美礼のライフワークとして2011年より開催するビルボードライブ、待望の第4弾が決定!
今回はSpecial Guestに石井一孝さん、廣瀬友祐さんを迎え、”ラテン”を中心に様々なナンバーをお届けします。ビルボードライブならではの濃密な空間で、お食事やドリンクと共に、ラグジュアリーなひとときをお楽しみください。

<キャスト>
春野寿美礼

<Special Guest>
石井一孝(1/20、21出演)
廣瀬友祐(1/19出演)
明日海りお、宝塚歌劇退団後初の舞台主演決定!
ミュージカル・ゴシック
『ポーの一族』

東京国際フォーラム ホールC


2021/2/3(水)~2021/2/17(水)


萩尾望都の伝説的傑作漫画の世界が、
鬼才・小池修一郎の手により美しく鮮やかに蘇るあの名舞台に、
再び明日海りおが永遠の時を生きるエドガー役で帰ってくる!

<キャスト>
明日海りお 千葉雄大 他
没後20年の節目となる2020年に
宝塚OG・現役生徒が集結し、寺田メロディの名曲を未来へ歌い繋ぐ!!
寺田瀧雄 没後20年メモリアルコンサート
『All His Dreams “愛”』

Bunkamuraオーチャードホール


2020/8/18(火)~2020/8/19(水)


※公演は延期となりました。延期時期は2021年6月~7月頃です。
公演日時が決定しましたら、ホームページでご案内させていただきます。
※延期に伴い出演者が一部変更になる可能性がございます。

宝塚歌劇団の作曲家として『ノバ・ボサ・ノバ』『ベルサイユのばら』『星影の人』『あかねさす紫の花』『夜明けの序曲』ほか、ショーや演劇作品で数々の楽曲を世に送り出した寺田瀧雄。
没後20年の節目となる2020年に、生前の寺田と心に残る舞台を共に創り上げたスタッフ・出演者が集結し、寺田メロディの名曲を歌い繋ぎます。

<キャスト>
初風諄 榛名由梨 鳳 蘭 汀夏子 安奈淳 瀬戸内美八
麻実れい 峰さを理 髙汐巴 寿ひずる 平みち 剣 幸
日向薫 紫苑ゆう 杜けあき 安寿ミラ 涼風真世 麻路さき
真琴つばさ 白城あやか 湖月わたる 月影瞳 朝海ひかる 他
(宝塚歌劇団)轟 悠
PAGE TOP