公演詳細

ミュージカル
『マイ・フェア・レディ』

オードリー・ヘップバーン主演映画で名高い
シンデレラ・ストーリーの決定版、待望の再演!
ロンドンの下町の花売り娘が、言語学者のレッスンで、見違えるように麗しい貴婦人に変貌する―。
オードリー・ヘップバーン主演の映画版でも広く親しまれている『マイ・フェア・レディ』。心躍る珠玉の名曲の数々とともに再演を重ね、ミュージカル史に燦然と輝く不朽の名作です。
日本初演50周年となった2013年には、演出を一新。クラシカルな英国の香りと華やかさはそのままに、個性豊かな登場人物たちの、生き生きとした情感がより際立つ舞台となってリボーン(再誕生)しました。
好評を博したリボーン版が、新たなキャストを迎えて帰ってきます!どうぞお見逃しなく。
チケット好評発売中!
U-25チケットも販売しております☆

公演概要

梅田芸術劇場メインホール
2016/8/20(土)2016/8/22(月)

一般発売日
2016/5/21(土)
料金
S席 12,500円 A席 9,000円 B席 5,000円
(全席指定・税込)
U-25チケット 7,000円
(25歳以下対象、当日指定席引き換え、要証明書)
お問い合わせ
梅田芸術劇場メインホール  06-6377-3800

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

脚本/歌詞 アラン・ジェイ・ラーナー
音楽 フレデリック・ロウ
翻訳/訳詞/演出 G2
出演 イライザ(花売り娘):霧矢大夢/真飛 聖(Wキャスト)
ヒギンズ教授(言語学者):寺脇康文
ピッカリング大佐(軍人風の中年紳士):田山涼成
ドゥーリトル(イライザの父親):松尾貴史
ピアス夫人(ヒギンズ邸の家政婦):寿ひずる
フレディ(アインスフォードヒル夫人の息子):水田航生
アインスフォードヒル夫人(フレディの母親):麻生かほ里
ヒギンズの母:高橋惠子   他
製作 東宝
主催 関西テレビ放送/梅田芸術劇場
関連リンク

舞台写真

(2016年東京公演より)

イントロダクション

ミュージカルの全てがここにある―
豪華キャストが再び贈る、一流エンターテイメント

イントロダクション

ロンドンの下町の花売り娘が、言語学者のレッスンで、見違えるように麗しい貴婦人に変貌する―。

オードリー・ヘップバーン主演の映画版でも広く親しまれている『マイ・フェア・レディ』。心躍る珠玉の名曲の数々とともに再演を重ね、ミュージカル史に燦然と輝く不朽の名作です。

日本初演50周年となった2013年には、演出を一新。クラシカルな英国の香りと華やかさはそのままに、個性豊かな登場人物たちの、生き生きとした情感がより際立つ舞台となってリボーン(再誕生)しました。

好評を博したリボーン版が、新たなキャストを迎えて帰ってきます!どうぞお見逃しなく。

(写真:2013年公演より)

ストーリー

ロンドンの下町。貧しい花売り娘のイライザ(霧矢大夢/真飛聖)は、言語学者のヒギンズ教授(寺脇康文)の提案で訛りの矯正と淑女になるための礼儀作法を教わることになる。

厳しいヒギンズ教授のレッスンに耐えたイライザは、見違えるような麗しき貴婦人へ変貌を遂げる。

華々しく社交界のデビューを飾ったイライザだったが、ヒギンズ教授にとって自分は研究対象にしか過ぎないと気づき、彼のもとを去ってしまう・・・。

(写真:2013年公演より)