公演詳細

ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』

尽きることのない陶酔と熱狂 唯一無二のミュージカル体験がここに
『エリザベート』『モーツァルト!』を手掛けたミヒャエル・クンツェ(脚本/歌詞)と、映画「ストリート・オブ・ファイヤー」のテーマ曲の作曲家ジム・スタインマンが音楽を担当する、ヴァンパイア・ミュージカルの傑作『ダンス オブ ヴァンパイア』は、2006年帝国劇場で日本初演を迎えました。
荘重な序曲から一転して繰り広げられるコメディワールド、体中を駆け抜けるリズムと心に響く美しいメロディは瞬く間に熱狂的な支持を受け、このたび3度目の梅田芸術劇場公演が決定。
人の血を吸うことで不死を永らえるクロロック伯爵。ヴァンパイア研究に生涯を捧げるアブロンシウス教授と理想に燃える若き助手アルフレート。伯爵のお城から迎えが来ることを夢見るお風呂が大好きな娘サラ。それぞれの欲望に突き動かされながらヴァンパイアと人間の戦いへ、と思いきや、物語はド派手なクライマックス、そしてミュージカル史に残る陶酔と熱狂のカオスが舞台、客席を包み込む!
唯一無二のミュージカル体験 ―『ダンス オブ ヴァンパイア』が新たなキャストを迎えいよいよ始動、2020年1月 梅田芸術劇場の舞台に帰ってまいります。ご期待ください!!



≪STORY≫

ヴァンパイア研究に生涯を捧げるアブロンシウス教授と若き助手アルフレートは、雪深いトランシルヴァニアの山に迷いこむ。身も凍る吹雪に見舞われながら何とか宿屋にたどり着くが、そこは「ガーリック、ガーリック」と歌う怪しい村人たちのたまり場であった。不審な村人たちの様子を見て、教授はヴァンパイアの存在を確信する。そんな教授をよそにアルフレートはお風呂が大好きな宿屋の娘サラに恋をする。しかしサラはお城に住むクロロック伯爵からの舞踏会の招待を夢みていた。夜も更ける中、入浴中のサラの元に忽然と現われるクロロック伯爵。サラは伯爵の誘惑に抗えずアルフレートの前から姿を消してしまう・・・。
 
不器用にサラを想うアルフレート。研究一筋、理性を信奉する教授。身を焦がす激しい恋を求めるサラ。この世のすべてを見通しサラの血を求めるクロロック伯爵。それぞれが自らの欲望に突き動かされる時、ヴァンパイアと人間の存亡をかけた運命の戦いがはじまる・・・。

公演概要

梅田芸術劇場メインホール
2020/1/13(月・祝)~2020/1/20(月)

会員先行
  • 2019/7/19(金)11:00 ~ 2019/7/22(月)11:00【抽選】
  • 2019/7/30(火)11:00 ~ 2019/8/2(金)11:00【抽選2次】
  • 2019/9/11(水)10:00 ~ 2019/9/12(木)23:59【先着】
一般発売日
2019/9/14(土)
料金
S席 13,500円 A席 9,500円 B席 5,500円
(全席指定・税込)
お問い合わせ
梅田芸術劇場メインホール  06-6377-3800

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

※キャストスケジュールは決定次第発表いたします。

脚本・歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽 ジム・スタインマン
演出 山田和也
出演 クロロック伯爵:山口祐一郎
サラ(Wキャスト):神田沙也加/桜井玲香
アルフレート(Wキャスト):相葉裕樹/東 啓介
マグダ:大塚千弘
シャガール:コング桑田
レベッカ:阿知波悟美
ヘルベルト:植原卓也
クコール:駒田 一
アブロンシウス教授:石川禅 
出演 ヴァンパイア・ダンサー(Wキャスト)
森山開次/佐藤洋介

ヴァンパイア・シンガーズ
麻田キョウヤ 川島大典 ダンドイ舞莉花 ラリソン彩華

アンサンブル
榎本成志 加藤貴彦 さけもとあきら 武内 耕
田中秀哉 福永悠二 堀江慎也 山名孝幸
天野朋子 今込 楓 岩﨑亜希子 樺島麻美 島田 彩  吉田玲菜

ヴァンパイア・ダンサーズ
五十嵐耕司 加賀谷真聡 酒井 航 鈴木凌平
齊藤恕茉 杉原由梨乃 花岡麻里名 松島 蘭 渡邉春菜
製作 東宝
主催 梅田芸術劇場
関連リンク

ムービー

コメント映像


  • 山口祐一郎(2015年公演)

  • 神田沙也加(2015年公演)

  • 桜井玲香

  • 相葉弘樹

  • 東 啓介

  • 大塚千弘

  • 植原卓也