キャスト

ケイト・マクゴーワン〈三等客〉役則松亜海

 
則松亜海【ケイト・マクゴーワン〈三等客〉役】

トム・サザーランドからのコメント

I could hear the hope for tomorrow in her crystal clear voice. I believe she will beautifully describe Kate’s desire for the future; the girl who boarded ship yearning for the new world.

透き通るような則松さんの歌声に、明日への希望を感じました。新しい世界を目指して船に乗り込むケイト、その未来への願いを鮮やかに表現してくれることでしょう。

コメント映像

プロフィール

則松亜海【ケイト・マクゴーワン〈三等客〉役】

千葉県出身。2010年宝塚歌劇団に入団。同年雪組に配属。入団時より優れた歌唱と演技で注目され、「ロジェ」新人公演の初ヒロインを務める。2011年「ロミオとジュリエット」では、ジュリエット役(ダブルキャスト)に抜擢される。2013年「ベルサイユのばらーフェルゼン編ー」では、フェルゼンの妹ソフィアを演じ、新人公演では、マリーアントワネットを演じる。2014年「Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!」にて宝塚歌劇団を退団。今回の「タイタニック」が、退団後初めての舞台出演となる。