日生劇場 [橋づくし/憂国] 2020/9/21(月)~9/22(火) [真夏の死/班女] 2020/9/26(土)~9/27(日) 日生劇場 [橋づくし/憂国] 2020/9/21(月)~9/22(火) [真夏の死/班女] 2020/9/26(土)~9/27(日)

三島由紀夫没後50周年企画MISHIMA2020

4人の演出家が2020年という時代に、それぞれの視点で描く新釈MISHIMA
ここに、演劇の真価を問う

2020年、戦後の日本文学界を代表する作家、三島由紀夫が自決した衝撃的な事件から50年。
彼の人生、作品、思想は、世代や国境をも超えて、人々に大きな影響を与え、生き続けています。
そんな三島文学に刺激を受ける4名の演出家が集い、前半日程は『橋づくし』『憂国』、後半日程は『真夏の死』『班女』の上演が決定。
半世紀を経て、なお人々を魅了し続ける三島作品と、若い世代によって生み出される新しい感覚を融合し、日本の純文学を現代に蘇らせ、創造的かつ視覚化した作品を目指します。
三島由紀夫没後に生まれた4人の演出家が、三島を通して考える今の日本、多種多様に満ちた三島作品を、2020年という時代を通して舞台化。

三島由紀夫が今の日本を見たら、何を思うだろう。

劇場+舞台映像配信+ドキュメンタリー映画の三本柱で挑む初のプロジェクト!

現在世界を取り巻くコロナ禍の中で、本公演の制作過程を追い、三島を通して「今」をとらえるドキュメンタリー映画の製作が決定!手掛けるのは、広告映像ディレクターとして国際的なクリエイティブアワードで多数の受賞をし、近年では、映画監督としても活躍する関根光才。公開は2021年。ソーシャルディスタンスが演劇に求められる今、劇場半数の客席と舞台映像配信でのダブル上演で新たな演劇スタイルを模索中の舞台業界。社会全体がこの難局にどう挑み、どのように淘汰されるのか?

渦中の今だからこそ、そのリアルを演劇で共有し、フィルムに託す

没後50年となる2020年。巻き起こるムーブメント。今、MISHIMAが熱い!

三島没後50年となる2020年は、3月に映画『三島由紀夫vs東大全共闘50年目の真実』が公開され、全国の映画館で半年以上のロングラン上映が続き、コロナ禍の中、20日現在で14万人の観客動員を記録。秋には、東京バレエ団が、三島の生涯や世界観を描いたバレエ作品「M」を10年ぶりに上演するなど、三島作品への注目が高まっている。

CAST&STAFF

キャスト

日生劇場/『橋づくし』『憂国』
2020年9月21日(月祝)‐22日(火祝)

◆『橋づくし』/作・演出:野上絹代

  • 伊原六花

    伊原六花

  • 井桁弘恵

    井桁弘恵

  • 野口かおる

    野口かおる

  • 高橋努

    高橋努

◆『憂国』(『(死なない)憂国』)/作・演出:長久允

  • 東出昌大

    東出昌大

  • 菅原小春

    菅原小春

日生劇場/『真夏の死』『班女』
2020年9月26日(土)‐27日(日)

◆『真夏の死』(『summer remind 』)/作・演出:加藤拓也

  • 中村ゆり

    中村ゆり

  • 平原テツ

    平原テツ

◆『班女』近代能楽集より/演出:熊林弘高

  • 麻実れい

    麻実れい

  • 橋本愛

    橋本愛

  • 中村蒼

    中村蒼


スタッフ

美術
杉山至
照明
吉本有輝子(憂国/橋づくし)・笠原俊幸(真夏の死/班女)
音響
長野朋美
映像
山田晋平
衣裳
原まさみ(橋づくし/班女)・writtenafterwards(憂国)・鈴木成実(真夏の死)
ヘアメイク
国府田圭
演出助手
加藤由紀子
舞台監督
齋藤英明・大刀佑介
宣伝
吉田プロモーション

TICKET

追加アンコール配信決定!

*演出家インタビュー
*上演脚本の閲覧
*さらには、プログラム付視聴券も!

チケット販売期間
11月16日(月)10:00~12月8日(火)20:00
>>チケットぴあ(PC&SP)
配信チケット料金
商品内容 価格(税込)  
『橋づくし』『憂国』『真夏の死』『班女』4本セット ¥3,000 単品より\3,000お得!
『橋づくし』『憂国』2本セット ¥2,000 単品より\1,000お得!
『真夏の死』『班女』2本セット ¥2,000 単品より\1,000お得!
『橋づくし』 ¥1,500
『憂国』 ¥1,500
『真夏の死』 ¥1,500
『班女』 ¥1,500
プラス500円でプログラム付(★)
4本セット/公演プログラム付 ¥3,500
2本セット/公演プログラム付 ¥2,500 『橋づくし』&『憂国』/『真夏の死』&『班女』各セットで販売
単品/公演プログラム付 ¥2,000 『橋づくし』/『憂国』/『真夏の死』/『班女』各作品で販売
★公演プログラムは、ご購入時に登録いただいた住所へ後日発送させていただきます。
数量限定販売となりますので、予定枚数に達し次第販売を終了いたします。
視聴可能期間
11月25日(水)10:00~12月8日(火)23:59

日生劇場

一般発売日
2020/9/13(日)
料金
S席 8,000円 A席 6,000円 (全席指定・税込)
>>日生劇場座席表 『橋づくし』/『憂国』(PDF)
>>日生劇場座席表 『真夏の死』/『班女』(PDF)
お問い合わせ
梅田芸術劇場(東京)0570-077-039(10:00~18:00)

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

スケジュール

日生劇場

『橋づくし』/『憂国』
2020/9/21(月) ~2020/9/22(火)

21(月祝) 22(火祝)
- 12:00
17:00 16:00
オンライン配信 20:00 -

※<『橋づくし』 / 『憂国』(『(死なない)憂国』)> 二作品を上演


『真夏の死』/『班女』
2020/9/26(土) ~2020/9/27(日)

26(土) 27(日)
- 12:00
18:30 16:00
- オンライン配信 16:00

※<『真夏の死』(『summer remind』) / 『班女』近代能楽集より>二作品を上演

オンライン配信<終了しました>


ご好評につき追加アンコール配信決定!(10/30)
詳細はこちら


9月21日(月・祝)と27日(日)の二日間、本公演のオンライン配信が決定。
コロナ禍に生まれたフルリモート劇団「劇団ノーミーツ」から鈴木健太をクリエイティブディレクターに迎え、オンライン配信のアートディレクションをJAGDA新人賞を受賞した田中せりが担当。
オンラインならではの生配信映像をお楽しみいただけます。

【日程】

『橋づくし』/『憂国』 9月21日(月)20:00
『真夏の死』/『班女』 9月27日(日)16:00

※アーカイブ配信は各公演2日後の23:59まで視聴可能です。
 アーカイブ配信期間=21日(月)配信公演終演後~23日(水)23:59まで
          =27日(日)配信公演終演後~29日(火)23:59まで
※配信チケットご購入の方はアーカイブ配信期間内であれば、何度でもアーカイブ配信のご視聴が可能です。
※配信チケットの販売はアーカイブ配信終了日の20:00までとなります。

【一般発売日】

2020/9/13(日)

【配信チケット料金】

一般2,800円(税込)

【視聴・チケットに 関するお問合せ】

>>PIA LIVE STREAM(ぴあ) 
電話:017-718-3572 / メール:event@linkst.jp
※平日10:00-18:00
※なお、お問合せ窓口は公演当日のみ10:00~終演後1時間程度問い合わせが可能です。

【オンライン配信スタッフ】

鈴木健太(クリエイティブディレクター)
1996年東京生まれ。ミュージックビデオの監督や、CM・広告の企画/デザイン、アーティストやブランドのディレクションを手がける。主な仕事に、KIRINJI、SHISHAMO、羊文学、Maltine Records、劇団ノーミーツ ほか。2017年多摩美術大学統合デザイン学科中退。同年電通入社。

田中せり(アートディレクター・グラフィックデザイナー)
1987年茨城県生まれ。2010年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。同年電通入社。企業のCI、ブランディング、ポスター、パッケージ、広告、プロジェクトなどを手掛ける。主な仕事に、酒造会社せんきん、「DEAR GLENN」YAMAHA、羊文学、LUMINE、「飲める文庫」NEC&YANAKA COFFEEなど。JAGDA新人賞2020受賞。

アクセス

<日生劇場>

〒100-0006東京都千代田区有楽町1-1-1

JR線

・山手線京浜東北線「有楽町駅」
  日比谷口より徒歩10分

地下鉄

・千代田線日比谷線都営三田線「日比谷駅」
  A13出口より徒歩1分
・有楽町線「有楽町駅」より徒歩10分
・丸ノ内線「銀座駅」より徒歩10分

PAGE TOP