東京芸術劇場シアターイースト|2022年3月  梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ|2022年4月上旬

【大阪】梅田芸術劇場メインホール|2021年11月3日(水・祝)~11月7日(日) 【東京】東京国際フォーラム ホールC|2021年11月13日(土)~11月22日(月)

イントロダクション&ストーリーイントロダクション&ストーリー

イントロダクション

芸能生活30周年朝海ひかるが、新解釈サロメに挑む!

サロメはなぜ預言者の首を求めたのか。

時代を超えて上演され続けるオスカー・ワイルドの不朽の名作「サロメ」を、
現代に置き換え描いた、とある一家での一晩の出来事。

登場人物たちの哀しさ、可笑しさ、愚かしさを交えコミカルに時にドラマティックに表現される、
新感覚悲喜劇、「サロメ奇譚(きたん)」。

サロメ役は、1991年に宝塚歌劇団月組公演「ベルサイユのばら」で初舞台を踏み、
芸能生活30周年を迎えた朝海ひかる。
宝塚歌劇団退団後は、ミュージカルのみならず、ストレートプレイや映像作品など活躍の場を広げてきた朝海の
30周年から次の31周年目の芸能生活に向けて一歩を進みだすスタートの作品となります。

共演には、サロメの母親ヘロディア役に、劇団「ナイロン100℃」に所属し、
舞台を中心に映像やナレーション、コラムニストとしても幅広く活躍している松永玲子、
預言者ヨカナーン役には、近年2.5次元ミュージカルで注目を浴び
ストレートプレイや朗読劇など新たなジャンルで活躍の幅を広げる若手俳優の牧島 輝、
サロメの義父、ヘロデ役を演じるのは、テレビドラマや映画を中心にコミカルな役どころから
味のある名脇役として活躍するベンガルと実力派キャストでお届けいたします。

ストーリー

サロメ(朝海ひかる)は両親に心底うんざりしていた。

血の繋がりのない義父ヘロデ(ベンガル)は常に自分を性的な目で見ており、下品な言動を繰り返す。実の母であるはずのヘロディア(松永玲子)も、サロメに過度な「女らしさ」を求め、一方で彼女の美しさに嫉妬していた。

ある晩、実業家で資産家でもあるヘロデの還暦祝いが彼の豪奢な邸宅で開かれた。
地元の名士たちが集う中、突然現れた預言者ヨカナーン(牧島 輝)は、「権威ある者の破滅」を予言する。
ヘロデはすぐにヨカナーンを捕らえるが、サロメは彼に急速に惹かれてしまう。

誰もが知る「悲劇」への歯車が、ゆっくりと回り出してゆく。

脚本:ペヤンヌマキ
【コメント】
朝海ひかるさん芸能生活30周年の記念すべき公演に、オスカー・ワイルドの『サロメ』の翻案をとのことで、ドキドキしながら脚本を書かせていただきました。『サロメ』と聞いて真っ先に思い浮かんだのは、生首を持って微笑んでいる女性の姿で、残酷で官能的なイメージだけが強かったのですが、ひとりの等身大の人間として共感できるサロメを描いてみたいと思いました。サロメが本当に求めていたものは一体何だったのか?現代を生きる私たちにも通ずるサロメ像を朝海さんに演じていただきます。これまで硬派な作品を緻密に演出してこられた稲葉さんとの初めてのクリエイション、個性豊かなキャストの皆さんの肉体を通して、どんな『サロメ』になるのか楽しみです。
【プロフィール】
脚本・演出家/ブス会*主宰。
2010年、演劇ユニット「ブス会*」を旗揚げ、全公演の脚本・演出を担当。
境界線に立たされた女性たちの悲喜こもごもをシニカルさと優しさが共存する観察眼で描くことに定評がある。代表作にA V女優の楽屋裏を描いた『女のみち』シリーズがある。
2014年『男たらし』、2015年『お母さんが一緒』が岸田國士戯曲賞最終候補作品にノミネート。
また、近年ではテレビドラマの脚本も手がける。主な映像脚本作品に、テレビ東京『恋のツキ』『来世ではちゃんとします』、NHK特集ドラマ『雨の日』、WOWOWオリジナルドラマ『有村架純の撮休』『竹内涼真の撮休』、Paraviオリジナルドラマ『東京、愛だの、恋だの』など。著書に、『女の数だけ武器がある。たたかえ!ブス魂』(幻冬舎文庫)などがある。
演出:稲葉賀恵
【コメント】
宝塚時代の朝海ひかるさんを印象深く覚えています。
男役でありながら、時に少女のように可憐。無垢な瞳をのぞかせたと思ったら次の瞬間妖艶な姿に様変わりする。「耽美」という言葉がとても似合う方でした。
数年後こうして一緒にクリエイションする機会を頂き、まず私が提案したのが『サロメ』でした。無垢でありながら残酷で、少女でありながら妖艶。複雑怪奇なあのサロメという役を朝海さんならどう演じるのか、誰よりも私が観客席で観てみたかったのです。
今回、翻案にペヤンヌさんが参戦してくださいます。
そして共に作品を立ち上げるキャスト陣に、こんな胸躍る方々が集まりました。
すでに何かが起こる前触れに武者震いしています。
様々な解釈が溢れるこのサロメの登場人物たちを、血の通った等身大の人間にするべく彼らと共にえぐり出して参る所存です。
【プロフィール】
日本大学藝術学部映画学科監督コース卒業。2013年文学座座員に。
文学座アトリエ『十字軍』(13年)にて初演出。以降、劇団内外で精力的な演出活動を続けている。
近年の演出作品に、シアタートラムネクストジェネレーション『解体されゆくアントニンレーモンド建築旧体育館の話』(15年)、文学座アトリエの会『野鴨』(16年)、おふぃす3〇〇『川を渡る夏』(17年)、新国立劇場『誤解』(18年)、兵庫県立ピッコロ劇団『ブルーストッキングの女たち』(19年)、unrato『ヴィヨン』(20年)、オフィスコットーネ『墓場なき死者』、『母MATKA』、文学座アトリエの会『熱海殺人事件』(21年)など多数。

キャスト&スタッフキャスト&スタッフ

キャスト

スタッフ

原案
オスカー・ワイルド「サロメ」
脚本
ペヤンヌマキ
演出
稲葉賀恵

美術
池宮城直美
照明
松本大介
音響
佐久間修一(POCO)
音楽
加藤史崇(POCO)
振付
新海絵理子
衣裳
武田久美子
ヘアメイク
石原ももこ
ドラマトゥルク
山田恵理子
演出助手
平戸麻衣
舞台監督
棚瀬巧

宣伝美術
デザイン太陽と雲
宣伝写真
山岸和人
宣伝衣裳
内田あゆみ(クリエイティブギルド)
宣伝へアメイク
道海梨乃



主催・企画・制作
梅田芸術劇場

スケジュールスケジュール

【東京公演】東京芸術劇場シアターイースト

2022/3/21(月・祝)~2022/3/31(木)

3/21
(月・祝)
3/22
(火)
3/23
(水)
3/24
(木)
3/25
(金)
3/26
(土)
3/27
(日)
- 14:00 14:00 14:00 休演 13:00 13:00
17:00 - 18:30 - 17:00 17:00
SOLD OUT
3/28
(月)
3/29
(火)
3/30
(水)
3/31
(木)
14:00 14:00 14:00 13:00
- 18:30 - -

梅芸ネット会員貸切公演・アフタートーク(登壇者:朝海ひかる、牧島 輝)
アフタートーク(登壇者:朝海ひかる ペヤンヌマキ・脚本 稲葉賀恵・演出)

【大阪公演】梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

2022/4/9(土) ~ 2022/4/10(日)

チケットチケット

チケット

梅田芸術劇場ネット会員 先行販売

■先着順先行販売
2022/1/15(土)10:00~2/5(土)23:59
受付公演:東京・大阪公演
  • 東京芸術劇場 シアターイースト

    ■一般発売日
    2022/2/12(土)
    ■料金
    全席 8,800円 (全席指定・税込)
    >>座席表はこちら(PDF) ※座席レイアウトは「パターンA」となります。
    ■お問い合わせ
    梅田芸術劇場(東京)0570-077-039(10:00~18:00)

    ※未就学児童の入場はお断りいたします。
    ※出演者並びにスケジュール変更の際は何卒ご了承くださいませ。出演者変更の場合でも他日への変更、払い戻しはいたしかねます。
    ※車イスでご来場のお客様は当日のスムーズなご案内のため、チケットご購入後お早めに座席番号を梅田芸術劇場お問合せ番号までお知らせください。
    ※今後の社会情勢に応じて、出演者・公演内容・スケジュール並びにチケットの販売等につきましては、変更となる可能性がございます。
    ※最新の情報については公式ホームページをご確認ください。

    ※グループ観劇予約専用
    団体(15名様以上)でのご観劇予約を一般前売りに先駆けて承っております。
    東京:TEL 03-6259-1685(平日10時~18時)

  • 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

    ■一般発売日
    2022/2/12(土)
    ■料金
    全席 9,500円 (全席指定・税込)
    >>座席表はこちら(PDF)
    ■お問い合わせ
    梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 06-6377-3888(10:00~18:00)

    ※未就学児童の入場はお断りいたします。
    ※出演者並びにスケジュール変更の際は何卒ご了承くださいませ。出演者変更の場合でも他日への変更、払い戻しはいたしかねます。
    ※車イスでご来場のお客様は当日のスムーズなご案内のため、チケットご購入後お早めに座席番号を梅田芸術劇場お問合せ番号までお知らせください。
    ※今後の社会情勢に応じて、出演者・公演内容・スケジュール並びにチケットの販売等につきましては、変更となる可能性がございます。
    ※最新の情報については公式ホームページをご確認ください。

    ※グループ観劇予約専用
    団体(15名様以上)でのご観劇予約を一般前売りに先駆けて承っております。
    大阪:TEL 06-6377-3821 (平日10時~18時)

チラシダウンロード

以下のボタンよりダウンロードできます。

アクセスアクセス

東京芸術劇場シアターイースト

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1

JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線
池袋駅西口より徒歩2分。
駅地下通路2b出口と直結しています。

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

〒530-0013
大阪市北区茶屋町19-1

阪急電車
「大阪梅田駅」茶屋町口より徒歩3分

JR線
「大阪駅」御堂筋北口より徒歩8分

地下鉄
御堂筋線「梅田駅」1号出口より徒歩5分
御堂筋線「中津駅」4号出口より徒歩5分
谷町線「東梅田駅」1号出口より徒歩7分
四ツ橋線「西梅田駅」3号出口より徒歩11分

阪神電車
「大阪梅田駅」東出口より徒歩10分

PAGE TOP