公演詳細

舞台「サロメ奇譚(仮)」

芸能生活30周年 朝海ひかるが、新解釈サロメに挑む!


オスカー・ワイルドの戯曲『サロメ』はこれまで多くのアーティストの創作意欲を刺激し、オペラ、バレエ、映画、舞台などの様々なジャンルで上演され、またサロメを原作とした多くの翻案作品が作られてきました。

今回脚本を手掛けるのは、主宰する演劇ユニット「ブス会*」を始め、近年ではTVドラマの脚本にも活躍の場を広げ、現代を生きる女性を独自の観察眼で描き出すペヤンヌマキ。

演出は、
劇団文学座に所属し2013 年に初演出以降、多くの劇団内外作品にて演出を担当する新進気鋭の稲葉賀恵が手掛けます。

 

王女サロメはなぜ預言者の首を求めたのか。
若さゆえの無垢な欲望なのか、
心に潜む闇の現れなのか、
それとも―。

サロメの奇怪な望みを謎解くべく、彼女の生い立ちと彼女を取り巻く家族に焦点をあてながら、リアリティある等身大の女性としてサロメを描きます。

王女サロメ役は、1991年に宝塚歌劇団月組公演「ベルサイユのばら」で初舞台を踏み、芸能生活30周年を迎えた朝海ひかる。

宝塚歌劇団退団後は、ミュージカルのみならず、ストレートプレイや映像作品など活躍の場を広げてきた朝海の30周年から次の31周年目の芸能生活に向けて一歩を進みだすスタートの作品となります。

共演には、サロメの母親に、劇団「ナイロン100℃」に所属し、舞台を中心に映像やナレーション、コラムニストとしても幅広く活躍している松永玲子、
地下牢に幽閉されている預言者には、近年2.5次元ミュージカルで注目を浴びストレートプレイや朗読劇など新たなジャンルで活躍の幅を広げる若手俳優の牧島 輝、
ユダヤの王でありサロメの義父を演じるのは、テレビドラマや映画を中心にコミカルな役どころから味のある名脇役として活躍するベンガルと実力派キャストでお届けいたします。

朝海ひかるを中心にお届けする、新しいサロメにどうぞご期待くださいませ。

公演概要

東京芸術劇場 シアターイースト
2022年3月中旬

一般発売日
未定
料金
未定
お問い合わせ
梅田芸術劇場   0570-077-039

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
2022年4月上旬

一般発売日
未定
料金
未定
お問い合わせ
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ  06-6377-3888
原案 オスカー・ワイルド「サロメ」
脚本 ペヤンヌマキ
演出 稲葉賀恵(文学座)
出演 朝海ひかる
松永玲子(ナイロン100℃)
牧島 輝
ベンガル   他
企画・制作・主催 梅田芸術劇場