公演詳細

梅田芸術劇場×チャリングクロス劇場 共同プロデュース公演 第1弾
ミュージカル『VIOLET』

本場ロンドンで大好評!
藤田俊太郎演出『VIOLET』、いよいよ日本版キャストで上演!

本企画は梅田芸術劇場と、トム・サザーランドが芸術監督を務める英国チャリングクロス劇場が共同で演劇作品を企画・制作・上演し、演出家と演出コンセプトはそのままに「英国キャスト版」と「日本キャスト版」を各国それぞれの劇場で上演するという演劇史上稀有ともいえる日英共同プロジェクトです。企画第一弾のミュージカル『VIOLET』を手掛けるのは新進気鋭の演出家・藤田俊太郎。単身渡英し現地のキャスト・スタッフと創り上げたロンドン公演は、オフ・ウエストエンド・シアター・アワードで6部門にノミネートの快挙を果たしました。大好評を博したロンドン公演に続き、2020年4月にいよいよ日本キャストによる日本版を上演いたします。藤田俊太郎がロンドンの経験を経て挑む日本版『VIOLET』にどうぞご期待ください。

ロンドン公演サイトはこちら
VIOLETについて・・・
本作は、1997年にオフ・ブロードウェイにてプロデュースされ、7部門のドラマ・デスク・アワードにノミネート。ドラマ・クリティックス・サークル・アワードの最優秀ミュージカル賞、ルシル・ローテル賞の最優秀ミュージカル賞受賞作。ジニーン・テソーリが手掛ける楽曲は高い評価を受けている。
音楽:ジニーン・テソーリ(『ファン・ホーム』2015年トニー賞最優秀オリジナル楽曲賞)
脚本・歌詞:ブライアン・クロウリー 原作:ドリス・ベッツ『The Ugliest Pilgrim』
STORY
1964年、アメリカ南部の片田舎。幼い頃、父親による不慮の事故で顔に大きな傷を負ったヴァイオレットは、25歳の今まで人目を避けて暮らしていた。しかし今日、彼女は決意の表情でバス停にいる。あらゆる傷を癒す奇跡のテレビ伝道師に会う為、西へ1500キロ、人生初の旅に出るのだ。長距離バスに揺られながら、ヴァイオレットは様々な人と多様な価値観に出会い、少しずつ変化していく。長い旅の先に彼女が辿り着いたのは―。

公演概要

東京芸術劇場 プレイハウス
2020年4月7日(火)~4月26日(日)

会員先行
  • 2019/12/20(金)11:00 ~ 2020/1/7(火)11:00【抽選】
  • 2020/1/29(水)10:00 ~ 2020/1/30(木)23:59【先着】
一般発売日
2020/2/1(土)
料金
全席 12,000円
(税込)
学生シート 5,000円
(税込)[学生のみ対象 ※要学生証提示・枚数限定・当日引換・座席選択不可]
お問い合わせ
東京   0570-077-039

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

※客席構造上、開演後はお座席にご案内できない場合がございます。
必ず開演5分前迄にご着席下さい。上演中退席される場合、自席に
お戻り頂けない場合がございます。

音楽 ジニーン・テソーリ(『ファン・ホーム』2015年トニー賞最優秀オリジナル楽曲賞)
脚本・歌詞 ブライアン・クロウリー
原作 ドリス・ベッツ『The Ugliest Pilgrim』
演出 藤田俊太郎
企画・制作・主催 梅田芸術劇場

キャスト


  • ヴァイオレット役
    (Wキャスト)
    唯月ふうか

  • ヴァイオレット役
    (Wキャスト)
    優河

  • モンティ役
    白洲 迅

  • フリック役
    吉原光夫

  • 父親役
    spi

  • ヴァージル役
    横田龍儀

  • リロイ役
    森山大輔

  • ミュージックホール・シンガー役
    エリアンナ

  • ルーラ役
    谷口ゆうな

  • ヤングヴァイオレット役
    稲田ほのか
    (Wキャスト)

  • ヤングヴァイオレット役
    モリス・ソフィア
    (Wキャスト)

  • 伝道師役
    原田優一

  • 老婦人役
    島田歌穂

スタッフ

~スタッフ~

音楽:ジニーン・テソーリ
脚本・歌詞:ブライアン・クロウリー
原作:ドリス・ベッツ『The Ugliest Pilgrim』
演出:藤田俊太郎
美術:モーガン・ラージ
照明:ハワード・ハドソン
音楽監督・ピアノコンダクター:江草啓太
衣裳:前田文子
ヘアメイク:宮内宏明
振付:新海絵理子
音響:宮脇奈津子
映像:横山翼
歌唱指導:山川高風/柳本奈都子
照明コーディネーター:日下靖順
通訳:伊藤美代子/石井園子
翻訳・訳詞:芝田未希
演出助手:松森望宏
舞台監督:倉科史典
技術監督:小林清隆

ロンドン公演の舞台空間を日本でも実現へ

大好評を博したロンドン公演の舞台空間を日本でも実現へ
シアター・オン・ステージで臨場感あふれるバスの旅を!


対面式舞台と両サイドのバルコニー席に改修された
チャリングクロス劇場 (ロンドン公演より)

 日本に先駆けて上演されたロンドン公演では、演出プランを実現する為に、プロセニアムであったチャリングクロス劇場の大改修工事を行い、本公演の為に対面式舞台に作り替えを致しました。これにより、観客も一体となりヴァイオレットと共にバスの旅をする臨場感は公演を成功に導きました。
 ロンドン公演を経て、日本での上演方針を改めて検討した結果、ロンドンの対面式舞台と同様のステージを日本でも実現するという演出プランに決定致しました。東京芸術劇場プレイハウスを舞台の四方を客席が囲む シアター・オン・ステージの形式をとり上演致します。
 当初、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティでの大阪公演を予定しており実施を検討致しましたが、劇場の構造上、このシアター・オン・ステージの実現が不可能であることがわかりました。演出プランを変更しての上演は、本企画の趣旨から考えても最適ではないと判断し、予定されていた大阪公演は取りやめ、東京公演のみの上演となります。