東京芸術劇場 プレイハウス 2020年4月7日(火)~4月26日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス 2020年4月7日(火)~4月26日(日)

ミュージカル『VIOLET』

イントロダクション

本場ロンドンで大好評!
藤田俊太郎演出『VIOLET』、
いよいよ日本版キャストで上演!


本企画は梅田芸術劇場と、トム・サザーランドが芸術監督を務める英国チャリングクロス劇場が共同で演劇作品を企画・制作・上演し、演出家と演出コンセプトはそのままに「英国キャスト版」と「日本キャスト版」を各国それぞれの劇場で上演するという演劇史上稀有ともいえる日英共同プロジェクトです。企画第一弾のミュージカル『VIOLET』を手掛けるのは新進気鋭の演出家・藤田俊太郎。単身渡英し現地のキャスト・スタッフと創り上げたロンドン公演は、オフ・ウエストエンド・シアター・アワードで6部門にノミネートの快挙を果たしました。大好評を博したロンドン公演に続き、2020年4月にいよいよ日本キャストによる日本版を上演いたします。藤田俊太郎がロンドンの経験を経て挑む日本版『VIOLET』にどうぞご期待ください。

VIOLETについて

本作は、1997年にオフ・ブロードウェイにてプロデュースされ、7部門のドラマ・デスク・アワードにノミネート。ドラマ・クリティックス・サークル・アワードの最優秀ミュージカル賞、ルシル・ローテル賞の最優秀ミュージカル賞受賞作。ジニーン・テソーリが手掛ける楽曲は高い評価を受けている。
音楽:ジニーン・テソーリ(『ファン・ホーム』2015年トニー賞最優秀オリジナル楽曲賞)
脚本・歌詞:ブライアン・クロウリー
原作:ドリス・ベッツ『The Ugliest Pilgrim』

ストーリー

1964年、アメリカ南部の片田舎。幼い頃、父親による不慮の事故で顔に大きな傷を負ったヴァイオレットは、25歳の今まで人目を避けて暮らしていた。しかし今日、彼女は決意の表情でバス停にいる。あらゆる傷を癒す奇跡のテレビ伝道師に会う為、西へ1500キロ、人生初の旅に出るのだ。長距離バスに揺られながら、ヴァイオレットは様々な人と多様な価値観に出会い、少しずつ変化していく。長い旅の先に彼女が辿り着いたのは―。

CAST キャスト

  • ヴァイオレット役
    (Wキャスト)
    唯月ふうか

  • ヴァイオレット役
    (Wキャスト)
    優河

  • モンティ役
    成河

  • フリック役
    吉原光夫

  • 父親役
    spi

  • ヴァージル役
    横田龍儀

  • リロイ役
    森山大輔

  • ミュージックホール・
    シンガー役
    エリアンナ

  • ルーラ役
    谷口ゆうな

  • ヤングヴァイオレット役
    (Wキャスト)
    稲田ほのか

  • ヤングヴァイオレット役
    (Wキャスト)
    モリス・ソフィア

  • 伝道師役
    原田優一

  • 老婦人役
    島田歌穂


出演を予定しておりました白洲迅が体調不良のため降板し、成河の出演が決定いたしました。
※なお、この変更に伴う払い戻しの対応はいたしません。

STAFF スタッフ

蓬莱竜太

演出
藤田俊太郎
(Shuntaro Fujita)

■プロフィール

1980年生まれ、秋田県出身。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業。在学中の2004年、ニナガワ・スタジオに入る。2005~2015年まで蜷川幸雄作品に演出助手として関わる。2011年、『喜劇一幕・虹艶聖夜』で作・演出を手掛ける。2012年彩の国さいたま芸術劇場さいたまネクスト・シアター『ザ・ファクトリー2(話してくれ、雨のように……)』の演出担当。主な演出作に、『The Beautiful Game』、美女音楽劇『人魚姫』、ミュージカル『手紙』、『Take Me Out』、『ダニーと紺碧の海』、ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』、ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』、朗読劇『LOVE LETTERS』、祝祭音楽劇『天保十二年のシェイクスピア』など。
絵本ロックバンド「虹艶(にじいろ)Bunny」としてライヴ活動展開中。

【主な受賞歴】
2014年、『The Beautiful Game』により
第22回読売演劇大賞・杉村春子賞、優秀演出家賞
2016年、ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』により
第24回読売演劇大賞最・優秀作品賞、優秀演出家賞
2017年、ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』『手紙2017』の演出の成果に対して
第42回菊田一夫演劇賞受賞

■コメント

MUSICAL 「VIOLET」 ロンドン/日本公演に寄せて

このプロジェクトは演劇史の中でほとんど前例のない挑戦ではないかと思います。
日本で活動する演出家がロンドン オフウエストエンドで新演出、ロンドン初演のミュージカルを演出する、スタッフ•キャスト全て英国人の中、演出家だけが日本人で、その後日本人キャストにて東京で上演。
打ち合わせからリハーサル、数年をかけたこのプロジェクトに演出家として関わることをとても名誉に思います。
そして魅力いっぱいのMUSICAL 『VIOLET』 の台本と音楽との出会いに、共同企画•制作である梅田芸術劇場、チャリングクロスシアターの演劇への愛に溢れたプロデューサーに心から感謝致します。
2018年2月、作品の舞台であるアメリカ南部を一人で旅しました。劇中ヴァイオレットが降り立つ町を巡りました。
グレイハウンドバスに乗って、ノースカロライナからテネシー、ナッシュビル、メンフィス、オクラホマまで。
その旅の途中で出会ったたくさんの人、深夜バスの時間を共有することで素敵な交流をした方たちもいましたが、根源的な白人の差別意識も目の当たりにしました。また同時にライヴハウスでカントリー、ブルース、ロック、ソウル、ゴスペル、たくさんの素晴らしい人種を超えた音楽と触れ合いました。
この作品は激動の60年代のアメリカ南部、公民権運動やその発端となったモンゴメリー・バス・ボイコット事件を背景に一人の白人女性がバスの旅を通して様々な人種、価値観を持った他者と出会い、その成長を通して次の時代へのかすかな希望を描いています。
上演にあたってはお客様がヴァイオレットと一緒にバスに揺られて旅ができるような、そして様々な音楽と出会えるような瞬間を演出したいと思います。
また私自身、独自の作品の捉え方で、新たな演劇の旅をします。
まずはロンドンの演劇人と新しい演劇、ミュージカルのかたちをつくることを目指したいと思います。

音楽
ジニーン・テソーリ
脚本・歌詞
ブライアン・クロウリー
原作
ドリス・ベッツ『The Ugliest Pilgrim』
演出
藤田俊太郎
美術
モーガン・ラージ
照明
日下靖順
音楽監督・ピアノコンダクター
江草啓太
衣裳
前田文子
ヘアメイク
宮内宏明
振付
新海絵理子
音響
宮脇奈津子
映像
横山翼
歌唱指導
山川高風/柳本奈都子
翻訳・訳詞
芝田未希
演出助手
松森望宏
舞台監督
倉科史典
技術監督
小林清隆

来日を予定しておりました照明プランナーのハワード・ハドソン氏ですが、英国政府より新型コロナウイルス対策として不要不急の海外渡航を避けるよう勧告があり、来日する事ができなくなりました。 代わって日下靖順氏が担当いたします。何卒、ご理解ご了承くださいますようお願い申し上げます。
(2020年3月23日現在)

TICKET チケット

一般発売日
2020/2/1(土)
料金
全席12,000円(税込)
学生シート5,000円(税込)
[学生のみ対象※要学生証提示・枚数限定・当日引換・座席選択不可]
>>東京芸術劇場プレイハウス座席表イメージ図(PDF)
お問い合わせ
梅田芸術劇場(東京)0570-077-039

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※客席構造上、開演後はお座席にご案内できない場合がございます。必ず開演5分前迄にご着席ください。上演中退席される場合、自席にお戻りいただけない場合がございます。

スケジュール&チケット

東京芸術劇場プレイハウス

2020年4月16日(木) ~ 5月6日(水・休) <全公演中止>

7 8 9 10 11 12
新型コロナウィルス感染拡大につき公演中止・28日以降に振替
13 14 15 16 17 18 19
新型コロナウィルス感染拡大につき公演中止・28日以降に振替
14:00
18:30
14:00
12:00
16:00
12:00
16:00
20 21 22 23 24 25 26
休演
14:00
18:30
14:00
18:30
14:00
14:00
18:30
12:00
16:00
12:00
27 28 29 30 5/1 2 3
休演
18:30
12:00
16:00
14:00
18:30
14:00
12:00
16:00
12:00
4 5 6
休演
12:00
16:00
12:00
  • =イベント
    アフタートークショー
    4月16日(木)18:30 spi×横田龍儀/MC原田優一
    4月18日(土)16:00 吉原光夫×原田優一
    4月21日(火)18:30 成河×藤田俊太郎
    4月23日(木)14:00 成河×吉原光夫
  • =貸切公演
  • =ヴァイオレット役:唯月ふうか
  • =ヴァイオレット役:優河
  • =ヤングヴァイオレット役:稲田ほのか
  • =ヤングヴァイオレット役:モリス・ソフィア

新型コロナウイルスを取り巻く状況が厳しさを増す一方であること等を踏まえ、全公演を中止させていただくことになりました。ご観劇を心待ちにしておられたお客様には深くお詫び申し上げます。
上記公演の中止に伴い、ご購入済みチケット代金の払い戻しを実施させていただきます。
払い戻し方法の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

【中止対象公演】
会場:東京芸術劇場プレイハウス
日程:4月16日(木)~5月6日(水)全日程 計29公演(貸切公演含む)
※日程につきましては、当初4月7日(火)~4月26日(日)を予定しておりましたが、このうち、4月7日(火)~15日(水)の公演を中止し、4月28日(火)~5月6日(水)に日程を振り替えて、上演させていただくことにしておりました。

アクセス

東京芸術劇場プレイハウス

<住所>

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1

<アクセス>

JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線池袋駅西口より徒歩2分

PAGE TOP