公演詳細

ミュージカル
『ドッグファイト』

青春の純粋さと残酷さが交錯した、その先には―。
本作は2012年にオフ・ブロードウェイのセカンド・ステージ・シアターで上演。その楽曲の新鮮さと、繊細な人間ドラマは驚きと感動を持って迎えられました。原作は1991年にアメリカで公開された映画であり、夭逝した人気俳優リバー・フェニックスが主演した数少ない映画としても知られています。
作詞・作曲は大ヒットしたハリウッド映画「ラ・ラ・ランド」ではアカデミー賞®とグラミー賞®のW受賞。続く映画「グレイテスト・ショーマン」でもアカデミー賞を受賞。ミュージカル「ディア・エヴァン・ハンセン」ではトニー賞®にも輝いた現代最高の作家コンビ、ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール。2015年、2017年と大盛況のうちに日本初演・再演を果たした本作。主演は、初演・再演と熱気あふれる演技、歌、ダンスの全てにおいて高い評価を得た屋良朝幸が務めます。普遍的な若者の成長と絆を描いた感動的な物語と、躍動感あふれる音楽とダンスのコラボレーション。
更にエネルギッシュな『ドッグファイト』にご期待ください。


<STORY>
ベトナム戦争出征前のアメリカ・サンフランシスコ
エディ(屋良朝幸)とボーランド(藤岡正明)、バーンスタイン(大久保祥太郎)の3人は訓練期間を終えた新米兵士。各々のイニシャルをもじって“3匹の蜂(スリービーズ)”と称するほどの親友同士。彼らは出征前の最後の夜を楽しむべく街で大騒ぎを始め、[ドッグファイト]に参加する。同じく海兵隊の仲間、フェクター(小川 優)、スティーヴンス(今江大地)、ギブス(一色洋平)も加わり盛り上がりを見せるが、それは海兵隊で代々受け継がれてきた、一番イケていない女の子をパーティーに連れてきた者が賞金を得るという最低のゲームだった
誘いを断られ続けたエディは街のとある食堂に行きつき、そこでウェイトレスのローズ(昆 夏美)と出会う。娘を心配するローズのママ(彩乃かなみ)は反対するが、なんとか彼女をパーティーへ連れ出すことに成功し安堵するエディ。エディの気持ちとは裏腹に、彼の本当の目的を知らないローズは生まれて初めてのデートに高揚していた。
パーティーには同じく事情を知らずに連れてこられたルース・トゥーベアーズ(池谷祐子)、なにやら企んでいそうなマーシー(壮 一帆)も参加する。ローズの純朴さ、心の優しさに触れたエディは次第に彼女をパーティーに誘ったことに心苦しさを感じ始めるが、時はすでに遅く、ラウンジ・シンガー(坂元健児)の合図でパーティーが始まる。

ドッグファイト― それは兵士への一歩を踏み出す彼らに感情を捨てさせるために仕組まれた、残酷な通過儀礼であった…。

公演概要

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
2021/10/21(木)2021/10/24(日)

一般発売日
2021/8/21(土)
料金
全席 11,500円
(全席指定・税込)
お問い合わせ
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ  06-6377-3888

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

※梅田芸術劇場ネット会員先行に関しては、2021年5月20日までの入会者が対象となります。

作曲・作詞 ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール
脚本 ピーター・ドゥシャン
演出 山田和也
出演 エディ・バードレイス…屋良朝幸

ローズ・フェニー…昆 夏美
ボーランド…藤岡正明
バーンスタイン…大久保祥太郎

フェクター…小川 優(ジャニーズJr.) 
スティーヴンス…今江大地(関西ジャニーズJr.) 
ギブス…一色洋平 
ルース・トゥーベアーズ…池谷祐子

ローズのママ…彩乃かなみ 
ラウンジ・シンガー…坂元健児
マーシー…壮 一帆
製作 東宝/関西テレビ放送
主催 関西テレビ放送/梅田芸術劇場
関連リンク