公演詳細

ミュージカル
『蜘蛛女のキス』

『キャバレー』『シカゴ』を手掛けた
ジョン・カンダー&フレッド・エブが贈る、
不朽の衝撃作、待望の上演決定!!

ミュージカル『蜘蛛女のキス』は、1976年に出版されベストセラーとなった作家マヌエル・プイグ作の小説を原作として1990年代にミュージカル化され、1993年にはトニー賞ミュージカル作品賞などを多数受賞した、日本でも人気の高い作品。

音楽と歌詞は、『キャバレー』や『シカゴ』などのヒット作を生み出してきたコンビ、ジョン・カンダーとフレッド・エブが手掛け、その名曲は、数々のミュージカル俳優によりコンサート等でも歌われてきた。抒情的かつメロディアスな楽曲が、全編にわたり作品を彩る。

 

豪華キャストが集結!
演出には、気鋭の演出家、日澤雄介氏(劇団チョコレートケーキ)を迎える

出演キャストにも、豪華な顔ぶれが揃う。ミュージカル界でトップを走り続けながら、映像の活躍で一層注目を集める石丸幹二がモリーナ役を、舞台で圧倒的な存在感を魅せる安蘭けいが、蜘蛛女/オーロラの二役を演じる。また、モリーナと刑務所で同室になる青年革命家バレンティン役には、大作ミュージカルへの出演が続く注目株の相葉裕樹と、今旬な実力派俳優であり幅広く舞台で活躍をする村井良大が、ダブルキャストで挑む。

演出を担うのは劇団チョコレートケーキの日澤雄介。読売演劇大賞優秀演出家賞(2014、2017年)を受賞しており、社会派で濃密な人間ドラマに定評ある日澤氏が初めて挑むミュージカル作品に期待が高まる。

【出演者変更のお知らせ】
所長役で出演を予定しておりました木場勝己さんですが、体調不良により降板することになりました。これに伴い、新たに鶴見辰吾さんにご出演いただきます。
ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

公演概要

  • 発売中

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
2021/12/17(金)2021/12/19(日)

会員先行
■2021/9/3(金)11:00 ~ 2021/9/5(日)11:00【抽選】

抽選結果発表:2021/9/10(金)

■2021/9/17(金)11:00 ~ 2021/9/19(日)11:00【抽選2次】

抽選結果発表:2021/9/22(水)

一般発売日
2021/10/16(土)
料金
全席 13,500円
(全席指定・税込)
お問い合わせ
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ  06-6377-3888

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

企画制作 ホリプロ
主催 梅田芸術劇場

スタッフ・キャスト

スタッフ

脚本:   テレンス・マクナリー
      (マヌエル・プイグの小説に基づく)
音楽:   ジョン・カンダー
歌詞:   フレッド・エブ
演出:   日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)
翻訳:   徐 賀世子
訳詞:   高橋亜子
音楽監督: 前嶋康明
振付:   黒田育世

キャスト

モリーナ:石丸幹二
蜘蛛女/オーロラ:安蘭けい
バレンティン:相葉裕樹/村井良大(Wキャスト)

所長:鶴見辰吾
モリーナの母:香寿たつき
マルタ:小南満佑子
マルコス:間宮啓行
エステバン:櫻井章喜

アウレリオ/囚人(所長役 カバー):藤浦功一
囚人フエンテス/狂信的革命家:佐々木 誠
アムネスティ国際オブザーバー/囚人エミリオ(マルコス/エステバン役 カバー):俵 和也
ガブリエル/囚人:伊藤広祥
脱走囚/カルロス:半澤 昇
オーロラの男達/囚人達:当銀大輔
オーロラの男達/囚人達:荒木啓佑
オーロラの男達/囚人達:矢内康洋
オーロラの男達/囚人達:橋田 康

モリーナの母/マルタ役 スウィング:小島亜莉沙
オーロラの男達/囚人達 スウィング:上條 駿

あらすじ

舞台はラテンアメリカの刑務所の獄房の一室。
映画を愛するゲイのモリーナ(石丸幹二)は、社会主義運動の政治犯バレンティン(相葉裕樹/村井良大)と同室になる。人生も価値観も全く違う二人。お互いを理解できず激しく対立するが、時を重ねるうちに次第に心を通わせていく。
モリーナは、心の支えである映画スター大女優オーロラが演じる蜘蛛女(オーロラ/蜘蛛女:安蘭けい)について語り、運命を支配するように、“彼女”は現れるようになる。
極限状態で距離を縮めていく二人。
モリーナは所長から、バレンティンに関する秘密を聞き出すよう取引を持ちかけられている。しかし、バレンティンへの想いから、モリーナは動かない。
ついに所長は、モリーナがバレンティンの仲間と接触することを期待し、モリーナを仮釈放にすることを決める———。

演出家・出演者コメント

演出:日澤雄介
『蜘蛛女のキス』演出のお話を頂いた時、大変光栄に思うと同時に正直戸惑いました。こんな名作を僕が演出させてもらえるとは微塵も思ってなかったから(笑)。しかしその戸惑いは台本や原作に触れるうちに吹っ飛び、どんどん作品の持つ魅力に支配されていきました。多様性が叫ばれている現代において、モリーナとバレンティンの変化や価値観がどんな風に皆様に映るのかとても楽しみです。その辺りを丁寧に演出できればと思っております。
そして何よりバラエティに富んだ素晴らしい楽曲。これを、石丸幹二さん、安蘭けいさん、相葉裕樹さん村井良大さんをはじめ、素晴らしいキャスト陣が歌い上げます。夢の様な劇空間を皆様にお届けしたい、そう思っております。ご期待ください。

モリーナ役:石丸幹二
『蜘蛛女のキス』は、映画で知りました。
密室での話でありながら、奥の深いストーリーにぐいぐいと引き込まれ、モリーナ役のウィリアム・ハートの演技に射抜かれました。
その後、ミュージカル版の音楽を聴き、作詞・作曲コンビのカンダー&ウェッブの音楽の美しさ、ラテンのリズムに酔いました。そんな作品に向き合えるとは!しかもモリーナ役で!
興奮しました。が、すぐさま、あまりに高い頂に怖れを抱いています。
私ならばどんなモリーナになるのか。過去に数々の名優が演じてこられたキャラクター。その人物像を模索する日々が始まります。
社会派の作品を多く手掛ける演出家日澤さんの手を借りながら、この名作の世界観を一緒に描いていければと願っています。

蜘蛛女/オーロラ役:安蘭けい
蜘蛛女のキスを最初に観たのは、同期の朝海ひかるが蜘蛛女を演じ、荻田(浩一)先生が演出されていたバージョンでした。とてもダークで、心にヒリヒリした感覚が残る作品でした。オーロラはモリーナにとって永遠の憧れで絶対的存在ですが、彼女の演じる蜘蛛女は、モリーナにとっては死の象徴なのだと思います。だからオーロラには絶対的なカリスマ性が必要だと思っています。そんなオーロラを演じることができるのか、私にとって大きな挑戦になると思いますが、是非挑んでみたいと思いました!
モリーナの永遠の憧れ、生きる象徴、あるいは死の象徴として、モリーナと共に舞台に存在したいと思います。ある時は味方で、ある時は敵で、客観的にモリーナ達を見つめるスクリーンの中の女優として、色んな面が出せればいいな、と思っています。
愛とは何か、愛するとはどういうことなのか。我々人間にとって永遠のテーマかもしれませんが、モリーナからその答えのヒントが得られると思います。軽い気持ちで観られる作品ではないかもしれませんが、根底にあるテーマは皆さん誰もが身近に感じているものだと思うので、是非劇場で、我々と一緒に共感してください!

バレンティン役(Wキャスト):相葉裕樹
この度バレンティン役を務めせて頂く事になりました、相葉裕樹です。
歴史ある素晴らしい戯曲に参加出来る事に心から光栄に思います。そして石丸幹二さん、安蘭けいさんとまたご一緒出来る事、今からとても楽しみです。
演じる上で作品自体のテーマの深さや、革命家バレンティンの葛藤をどこまで表現できるか、新たな挑戦になると思います。非常に難解だと感じていますが稽古を通して想像力や感情を使い一つ一つ課題を乗り越えていけたらと思います。
見る人それぞれの価値観で様々な感じ方を楽しんで頂けると思います。
劇場でお待ちしております。

バレンティン役(Wキャスト):村井良大
出演のお話しをいただいた時は、素直に嬉しかったです。そして素晴らしいキャスト・スタッフの皆様とご一緒させていただけるという事がなによりも大きな喜びです。
今回の役は自分にあまりないタイプのキャラクターなので役の声探しが今から楽しみです。この作品の持つエンターテイメント性とリアルな心理描写とのバランスを見つつ、自分の立てる場所を探していきたいと思います。
ミュージカル『蜘蛛女のキス』は、90年代初めにロンドンで初演を迎えたとは思えないほど今の時代にピタリとハマる作品です。観た人の心を笑いで温め、歌とダンスパフォーマンスで魅了し、最後心に突き刺さるラストを迎えます。長年愛される理由が分かるミュージカルです。劇場でお会いできる事を楽しみにしております。